奈良県の橿原神宮が想像以上に凄い件について

奈良県橿原市。ここには神宮があります。

そう。橿原神宮です。

DSC_2924

御祭神は神武天皇。

そうです。初代天皇を祭っております。古事記・日本書紀に出てくる「神武東征」で有名な初代・神武天皇です。

橿原神宮とは!?

橿原神宮は、御祭神・神武天皇が畝傍山の東南・橿原の地に宮を建てられ即位の礼を行われた場所に、明治23年に
創建されました。

初代天皇であり、日本国の始祖となった神武天皇と、媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめ)皇后が祀られています。

神武天皇は、天孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)がこの国土に降られた日向国・高千穂の宮にいましたが、天下の政治(まつりごと)を行うべくはるばる東遷の途に立たれた。それが神話における神武東征です。

途中幾多の困難に遭われたが、ついに大和の国を中心とした中つ国を平定され、畝傍(うねび)の橿原の宮において即位の礼をあげて、国の基をたてられました。

つまり、天照大神の子孫にあたる神武天皇が九州は宮崎県の日向から東へと旅立ち、この奈良の橿原で国を作られたという話です。

神武天皇とは!?

 45歳の時に

日向は国土の端すぎて天下の統治するのには不向きだから、ここよりもさらに豊かな東方に天下を治めるにふさわしい美しい土地があるだろう。(超要約)

と宣言して東征を開始した。豊後や筑紫にて基盤を築くのに1年かけ、瀬戸内海から吉備国を経て河内国に至る頃には、東征開始から15年の年月が過ぎていた。そして明石海峡を越えて目的の地である奈良盆地まですぐそこというところで長髄彦(那賀須泥毘古)と戦いとなり、この時の矢傷が元で兄の五瀬命(いつせのみこと)が亡くなった。

東征が進まぬ事を危惧した天照大御神により霊剣「布都御魂(ふつのみたま)」を授かった神武天皇は、八咫烏に導かれながら険しい山々を越えて吉野の地へと辿り着き、長髄彦との決戦に勝利して橿原の地を都と定めた。

引用元:ニコニコ大百科(仮)「神武天皇」

ちなみに、神武天皇は天照大神の来孫(ひひひ孫)にあたります。また、神武天皇までの間に、山の神、海の神の血をもけ継いでおります。そして日本を治める資格が十分にあるということが日本書紀で海外にも示しているという説もあります。

いざ、橿原神宮へ

DSC_2927 DSC_2930

非常にかっこいい木製の鳥居が出迎えてくれます。
うん。風格が格段に違います。

DSC_2931

手水舎

DSC_2933

南門です。砂利道を歩いてようやく到着。威風堂々とはまさにこのことでしょうか。

DSC_2936

南門を抜けてさらに先に拝殿。ちと遠いですが、このゆっくり歩いていくという過程が心の準備をするのにちょうどいいですね。

そのバックには畝傍山があります!

DSC_2939 DSC_2942 DSC_2945

すごく綺麗です。こころなしか、格式の高さもうかがえる造りです。

DSC_2950

初代天皇であると伝えられる神武天皇が、橿原宮で即位したという「日本書紀」の記述に基づき、明治23年(1890)に建てられました。本殿と文華殿は重要文化財に指定されています。

御祭神は神武天皇とその皇后・媛蹈韛五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)です。

橿原神宮の本殿は京都御所の賢所を移築したものだそうです。すごい綺麗な造りやなぁ~って思っていたら元は京都御所の賢所!なっとくに美しさです。

伝統的な建築美ってこういうことを言うんですね。きっと。

DSC_2951

広い、広い系内から出ると綺麗な池があります。ちょうど桜が咲き乱れている時期でした。

DSC_2969 DSC_2970

池沿いにあるのが末社。

DSC_2974

橿原神宮造営以前からの当地の地主神・長山稲荷社。

せっかく橿原神宮まで来たのであればここまで参拝したいところ。

DSC_2955

ちょうど俺が参拝した日は天候にも恵まれた参拝日和でした。
すごく橿原神宮も壮麗で、境内も桜も池も山も綺麗でした。
まさに日本の美しさそのままに心落ち着く感じです。

さすがは橿原神宮。奈良に来たなら押さえておきたいところです。

ここまで来たらせっかくですし、「神武天皇御陵」まで足を運びましょう。歩いて行ける距離にありますよ。

告知!

旅行サイト「たびねす」さんにも記事をリライトして寄稿しています。
お時間があれば是非、こちらもご一読ください。よろしくお願いします!

橿原神宮

所在地:奈良県橿原市久米町934
電話:0744-22-3271
駐車場:約800台、普通車:500円
HP:http://www.kashiharajingu.or.jp/

 

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【円滑なコミュニケーションにはYOUではなく愛を持ったIメッセージ】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

2 件のコメント

  • 今日は私のBlogに立ち寄っていただきありがとうございます。masayanさんはいろんな所に出向かれているんですね。写真も奇麗だし。とても面白そうなBlogです。歴史は好きな方なので時折立ち寄らせていただきます。紀伊半島もひと月かけて自転車で走りました。橿原も行きましたが、自転車なのでゆっくりはできませんでした。それよりも、その年、奈良には二度立ち寄りましたが、二度とも結界からはじき出されました。不思議な場所です。

    • Akitsu Yoshiharu様
      コメントありがとうございます。京都市内はよく自転車ででかけたものですが奈良はあまり自転車で出かけてないです。そのアクティブさ見習いたいところです。奈良もなかなか歴史深く、面白いところです。三度目の正直、是非トライしていただければと思います。今後ともひとつよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    CAPTCHA


     

    AUTHORこのブログをかいてる人

    普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。