信長と秀吉と千成びょうたん発祥の地

さて、金華山の下山ついてに少し寄り道。

あなたは「木下藤吉郎」って人物をご存知ですか?
そうです、織田信長亡き後、天下をとったのがこの木下藤吉郎改め、「豊臣秀吉」です。

DSC_0283

これは数年前の京都の時代祭の際の秀吉軍の行進の写真です。
この方が持っている金色の瓢箪(ひょうたん)。
これが豊臣秀吉の馬印になります。

なぜ秀吉の馬印が瓢箪になったのか…それが織田信長とのエピソードになります。

豊臣秀吉と瓢箪(ひょうたん)

戦国時代の頃の話。織田信長は美濃の斎藤攻めで、堅城の稲葉山城の攻略が難航していました。

そのとき、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が、城の背後からの奇襲を織田信長に進言。実行隊長となります。
木下藤吉郎は稲葉山城の侵入に成功。稲葉山城に火を放ちます。
そして、信長本隊に送った合図が 槍の先に付けた瓢箪だったという話です。
そして木下藤吉郎の活躍もあり、稲葉山城は落城。(1567年)
功あった木下藤吉郎に、織田信長が 瓢箪を馬印にすることを許可しました。これが木下藤吉郎改め、豊臣秀吉の馬印が瓢箪となり、高々と掲げられるようになりました。

そして、快進撃の止まらぬ秀吉は 戦に勝つ度に馬印の瓢箪を増やしていきました。
その結果、秀吉の馬印のことを、千成瓢箪と言います。

秀吉自身も瓢箪好きだったそうで、瓢箪収集もしていたとか。
太閤時代に、「とある大名から大きな瓢箪を謙譲されて喜び、御伽衆の曽呂利新左衛門を呼んで見せびらかした」と言うエピソードもあるそうです。

いざ、千成びょうたん発祥の地へ

岐阜城の帰り道、金華山にそれがあります。

DSC_3240 DSC_3286 DSC_3290

木下藤吉郎と千成瓢箪

 永禄10年(1567)8月14日、木下藤吉郎(のちに羽柴秀吉、豊臣秀吉と改称)は蜂須賀小六や山麓の猟師堀尾茂助など僅か七名を従えて、岩戸口から稲葉山城のここまで潜入し、薪小屋に火を放って手柄をたてたと伝えられている。この時、藤吉郎は城兵を倒した鎗先に腰から下げていた瓢箪を結び付け、鎗を振り回しながら大音声で勝鬨をあげたという。以来、千成瓢箪発祥の地とされている。

引用元:掲示板

DSC_3287

石段を上って行くと…。

DSC_3289

勝鬨をあげたのは天狗岩といわれる場所で、現在は刀利天狗の祠があります。

ここが木下藤吉郎が羽柴秀吉へ、そして天下人・豊臣秀吉への大躍進となった場所になるわけです。

う~感動!しんどい山道を登ってきたかいがあったというものです。
秀吉ファンの方は必見です。

 

金華山

所在地:岐阜県岐阜市18

 

合わせてチェック!
 
 
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【救命センターに勤めて燃え尽き症候群になった看護師の話】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

2 件のコメント

  • Masayanさん、こんにちは。鹿児島の次は岐阜。いつもながら精力的に投稿されていて頭がさがります。ここ、何日間か体調を崩していてBlogを読めないでいました。今日は「ひょうたん」ですね。金華山は一度登りたいと思っていたところです。戦国時代では、信長+藤吉郎あたりが講談的に一番面白いですよね。ちなみに、私のメアドが「terutora」なのは謙信ファンだからです。Masayanさんは『平清盛』が好きだったとか。松山くんが可哀想でした。

  • Akitsu Yoshiharuさん。こんにちは!精力的かどうかはわかりませんが、ブログを書くのが好きなもので(^o^)金華山もなかなか素敵なところです。機会があれば是非!
    謙信ファンやったんですね!名をはせた武将さんはみんな好きです俺!「軍師官兵衛」のときも秀吉が成り上がるまでが一番面白かったですねぇ。おねの「天下人は人を狂わせるのか~」的なセリフがあったように記憶してますが、平清盛もそうでしたし、「驕る平家は久しからず」と言うように謙虚な気持ちを忘れてはいけませんね。
    松山さんは素敵な作品を残してくれたので俺は大好きです!

  • コメントを残す

    スパムコメント対策中 - H Speed WP
     

    ABOUTこのブログをかいてる人

    普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。