霧島に眠る伝説の地!ヤマトタケルが事を起こした噂の「熊襲の穴」だ!

続いて向かったのが、鹿児島県は霧島方面。
道中、気になるものがあったので寄り道。

熊襲の穴

わかりますか?熊襲。知ってる人は古代史ファン決定だと思います(笑)

ちなみに母に聞いたら「熊を襲う狩人じゃない?」という読んで字のごとくの返答をいただきました。母曰く、「実際九州にも熊が住んでいたというし、霧島付近なら昔は生息しているのでは?」という地元民ならではの情報量と経験測からの返答でした。そう言われると全否定ができないのがまたくやしい。

確かにこの大自然なら昔は熊もおったのかもしれませんなぁ。なんて。

熊襲とは!?

 古代の南九州にはクマソと呼ばれる人々が住んでいました。クマソは熊のように猛々しく、勇ましい人々であったといわれ、古事記では「熊曽」、日本書紀では「熊襲」と書かれています。熊襲の穴はクマソ族の首領・川上タケルが住んでいたところで、女装した日本武尊(ヤマトタケルノミコト)に殺されたと伝えられています。

引用元:熊襲の穴|観光スポット|鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま

とのことです。実は古代史ファンである俺としてはヤマトタケルの話が大好きなので熊襲と聞いて興奮してしまいました。もともと古代史を勉強するきっかけも「ヤマトタケルって名前は聞いたことがあったけど、なんのこっちゃわからんなぁ。」というところから古事記を読むようになったんです。

まさかこんなところで、伝説の地に訪れることができるなんて。胸の高鳴りが止りませんね。

いざ、熊襲の穴へ

_1087598

駐車場に車を置いてレッツゴー!

_1087601

なんと美しい山々。

_1087604 _1087608

訪れたときは8月でした。もう汗がだくだく。

もう息も切れてもう限界だぁ~というところで「こういうもうすぐですよ」的なものがあると進んじゃいますね。

_1087610 _1087613

はぁ~~~、まだまだか。

_1087616

きた!きたーーー!!

_1087619

ようやく念願の『熊襲の穴』に到着。

_1087622 _1087647 _1087624 _1087627 _1087639

こ、これは…。

アーティスティックかつファンタスティック!!

…って、伝説の地のかけらもねぇじゃねーか!!

_1087631

入り口は狭いものの中は、広く、奥行き22メートル、幅10メートル、高さ6メートルの広さだそうです。

芸術家萩原貞行氏のモダンアートが描かれています。

_1087634

ここで日本武尊(ヤマトタケル)が川上タケルを…。

って、感傷に浸れねー。なんか壁がにぎやかすぎる!

ちなみに洞窟ってことでめっちゃひんやりしてました。
夏の暑さ、山道登りで出た汗もかき消されるくらいでした。

_1087638 _1087643

そして、謎のメガネ。

…え?これ、メガネをして来た人がメガネ落としたって事?
かけてたメガネがなくなってたら帰る時に気が付くんじゃ…。
まさか、ここで最近表立ってない事件が起きてたりして…。

なんてね。

 

熊襲の穴

所在地:鹿児島県霧島市隼人町嘉例川4381-1
駐車場:あり

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 
 
 次回予告
  1. 【ここが東山文化の代表!美しい庭園が見所の銀閣寺改め慈照寺】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。