陰陽師・安倍晴明の母は白狐!?「葛の葉」を祭る信太森葛葉稲荷神社!

だいぶ大阪の記事も増えたのですが、御陵ばっかりでしたね。
久々に神社の記事も書こうかと思います。
これまた関西に住む前から狙っていた神社になります。
みなさん、平安時代に活躍した陰陽師の安倍晴明はご存じですか?
既に小説や漫画やドラマでも有名なのですが、映画でその名がさらに知れ渡りましたよね?

この安倍晴明さんの面白い話があります。
実は晴明さんのお母さんの名前が「葛の葉」。じつはこの葛の葉さんが【白狐】だという話があるんです。

葛の葉とは!?

 村上天皇の時代、河内国のひと石川悪右衛門は妻の病気をなおすため、兄の蘆屋道満の占いによって、和泉国和泉郡の信太の森(現在の大阪府和泉市)に行き、野狐の生き肝を得ようとする。摂津国東生郡の安倍野(現在の大阪府大阪市阿倍野区)に住んでいた安倍保名(伝説上の人物とされる)が信太の森を訪れた際、狩人に追われていた白狐を助けてやるが、その際にけがをしてしまう。そこに葛の葉という女性がやってきて、保名を介抱して家まで送りとどける。葛の葉が保名を見舞っているうち、いつしか二人は恋仲となり、結婚して童子丸という子供をもうける(保名の父郡司は悪右衛門と争って討たれたが、保名は悪右衛門を討った)。童子丸が5歳のとき、葛の葉の正体が保名に助けられた白狐であることが知れてしまう。次の一首を残して、葛の葉は信太の森へと帰ってゆく。
恋しくば尋ね来て見よ 和泉なる信太の森のうらみ葛の葉
この童子丸が、陰陽師として知られるのちの安倍晴明である。
保名は書き置きから、恩返しのために葛の葉が人間世界に来たことを知り、童子丸とともに信太の森に行き、姿をあらわした葛の葉から水晶の玉と黄金の箱を受け取り、別れる。数年後、童子丸は晴明と改名し、天文道を修め、母親の遺宝の力で天皇の病気を治し、陰陽頭に任ぜられる。しかし、蘆屋道満に讒奏され、占いの力くらべをすることになり、結局これを負かして、道満に殺された父の保名を生き返らせ、朝廷に訴えたので、道満は首をはねられ、晴明は天文博士となった。

引用元:Wikipedia「葛の葉」

 

陰陽師・安倍晴明さんの活躍は母から引き継いだ力が発揮されてこそなのかもしれませんね。
ということで、今回は葛の葉を祭る【信太森葛葉稲荷神社】へ向かいます!

いざ、信太森葛葉稲荷神社へ

DSC_3100 DSC_3101

さっすが稲荷神社。お稲荷様が出迎えてくれます!

DSC_3102 DSC_3103 DSC_3104

神紋はもちろん「葛の葉」

DSC_3105 DSC_3106 DSC_3132

主祭神  宇迦御魂神(うかのみたまのかみ)
大己貴命(おおなむちのみこと)
大宮姫命(おおみやひめのみこと)
素盞男命(すさのおのみこと)
猿田彦命(さるたひこのみこと)
若宮葛ノ葉姫

DSC_3107 DSC_3108

もちろん、絵馬は白狐。

DSC_3110

稲荷神社の代名詞でもある朱色の鳥居連弾!
狐の石碑には『恋しくは訪ね来て見よ和泉なる 信太の森のうらみ葛の葉』

DSC_3111 DSC_3112 DSC_3113

この信太森葛葉稲荷神社。本殿の周りをこれでもかと末社が囲んでいます。

DSC_3114 DSC_3116

【姿見の井戸】

保名に助けられた白狐が、葛の葉に身を変えた際に、鏡に代えて姿を写して確認した井戸。葛の葉が無事にこちらの森に帰りついたことから、旅に発つ前にこの井戸に姿を写しておけば無事に帰れるそうです。

DSC_3117 DSC_3119

安全確保のため井戸に網が貼られており自分の姿を確認することはできませんね。

DSC_3120 DSC_3121 DSC_3122

【千枝の楠】

花山天皇が熊野行幸の際「千枝の楠(ちえのくす)」の称を賜る。樹齢は2000年だとか。
また、清少納言の草紙に「森は信太森」と記して以来、和歌の題となっている有名な楠でもあるそうです。
根本から二つに分かれていることから『夫婦楠』と呼ばれており、夫婦円満・良縁成就などのご利益があるとされています。葛の葉はこの神木から現れたという伝説もあります。

DSC_3123 DSC_3124 DSC_3125 DSC_3128 DSC_3129 DSC_3130 DSC_3131 DSC_3133

【子安石】

こちらの石は子宝・安産に効力があるんだとか。

DSC_3134

【梟の灯篭】

かの有名な千利休が作られたそうです。

DSC_3135

ふぅ~~、なんとボリューム満点な神社だ。
一息つこうと思うと、可愛いワンちゃんが寝ております。
白狐…ではなく、白犬。これもなにかの縁なのですかね。

ちなみにこんな話も。

油揚げを用いた食べ物の呼称として「しのだ」と呼ばれることがある[4]。(例:信太巻)
「きつねうどん・きつねそば」のことを、葛の葉の生誕地とされる信太(信田)に由来し、「しのだうどん」「しのだそば」とも言う。
関西方面で、特に近畿地方の年配者は、稲荷寿司を「しのだ」と呼ぶ人もいる。

引用元:Wikipedia「葛の葉」

狐の好物とされる「油揚げ」。葛の葉誕生地とかけて「しのだ」と呼ぶとはなんと奥深い表現。
興奮して職場のスタッフに聞いたら「あぁ~、そういうことを言う人もいるかもしれないけど俺は使わん」と言われてしまった。まぁ、奈良だからなのかな?大阪の方では違うのかもしれません。
安倍清明・葛の葉ファンの方は油揚げを「しのだ」と意識して使ってみてはいかがでしょうか?

告知!

LINK 御祭神は安倍晴明の母「白狐」!?大阪「信太森葛葉稲荷神社」の伝説
今回の「信太森葛葉稲荷神社」。旅行サイト「たびねす」さんにも記事をリライトして寄稿しています。
お時間があれば是非、こちらもご一読ください。よろしくお願いします!

 

信太森葛葉稲荷神社

所在地:大阪府和泉市葛の葉町1丁目11番47号
電話:0725-45-7306
駐車場:あり
HP:http://www.kuzunohainari.com/

 

合わせてチェック!
 
 
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【心が燃え尽きた看護師が自分探しの旅の果てに見つけた答え】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。