平常時とのギャップがすごい!陰陽石とおんだ祭りと飛鳥座神社

続いて向かったのが飛鳥寺のすぐ近くにあるこちら。

飛鳥座神社

でございます!

なんでもユニークなお祭りでも有名な神社だそうです。

飛鳥座神社とは!?

御祭神は八重事代主神やえことしろぬしのかみ飛鳥神奈備三日女神あすかのかんなびみひめのかみ大物主神おおものぬしのかみ高皇産霊神たかみむすひのかみ
創建は不明。古典によると、当社の御祭神・事代主神ことしろぬしのかみは、大国主神おおくにぬしのかみの第一子で、国譲りの際、信頼を受け、父神の相談にのり、その後、首渠神ひとごのかみとして八十万の神々を統率しこの天高市(飛鳥)に鎮まったとある。そして先代旧事本紀には、大己貴神おおなむちのかみ大国主神おおくにぬしのかみ)は高津姫神を娶って一男一女を生み、その御子神である事代主神ことしろぬしのかみが、高市社である甘南備飛鳥社に鎮座されていると記載される。なお高市とは「うてなの斎場いつにわ」と呼ばれ、「小高い所にあるまつりの庭」を意味するといわれている。

引用元:飛鳥坐神社へようこそ

ということで、詳細は不明な神社のようですね。

いざ、飛鳥座神社へ

DSC_3976 DSC_3977

石製の重厚な鳥居です。

DSC_3978 DSC_3979 DSC_3980

すぐに見えてきたのが本殿・拝殿。

DSC_3981 DSC_3982 DSC_3983

御祭神は事代主神、飛鳥神奈備三日女神、大物主神、高皇産霊神。

そうそうたる神々ですね。

DSC_3984 DSC_3986

白髭社

DSC_3987 DSC_3988 DSC_3989

境内社

DSC_3992

金毘羅神社と八坂神社。

そしてその間にひっそりと存在しているのが陰陽石となります。実は境内めちゃめちゃ多いです。遠目の写真で申し訳ないのですが、まぁ、男性器と女性器を表していましてそれを陰陽石という素晴らしいネーミングでカバーされております。

御祭神の事代主神には家内安全、商売繁盛、開運厄除などさまざまな神徳があるそうです。その中でも特に「結びの神」として相ふさわしいものを結びつけるとされているそうで子宝、安産、縁結びの神として全国に知られているそうです。恐らくそのためでしょう。境内の至る所に夫婦和合を象徴する陰陽石が祀られているのは。
一見するとなんと卑猥な神社に見えてしまうことか。

DSC_3993

奥の社

DSC_3996

飛鳥山口神社

DSC_3997

おんだ祭りとは

毎年2月の第1日曜日午後2時より、「おんだ祭」が行なわれます。
お祭りに先立ち、午前11時頃より、地元青年団が扮する天狗・翁・牛らが
厄除け神事として、ササラ(竹の先を細かく裂いた棒)を持ち、
参拝者のお尻を叩きながら、境内を暴れ周ります。

そして俺なんかの話よりもしっかりとレポートしてくださっているサイトをご紹介させていただきます。

参考超奇祭!衆人環視の中天狗とお多福の子作り再現「おんだ祭」【奈良】 | 日本珍スポット100景

↑どれだけ激しくすごいお祭りなのかがわかると思います。

是非一度はこのお祭りも見てみたいものです。この平穏な神社がそのようなことになるとは…。
ギャップって大事ですね。

 

飛鳥座神社

所在地:奈良県高市郡明日香村飛鳥707
電話:0744-54-2071
駐車場:普通車10台(無料)

合わせてチェック!
 
 
 
 by 

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。
休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。