ここまで来たなら足を延ばそう!法隆寺の北東を守護する斑鳩神社

法隆寺でたっぷり時間を使ってその後、時間がまだあったので少し足をのばしてみました。

斑鳩神社

法隆寺の北東約400m、天満池に面して鎮座しています。

斑鳩神社とは!?

斑鳩神社は、旧法隆寺村の守り神として、丘の麓にありましたが、元亨4年(1324)に現在の所に遷したといわれています。地元では「天満さん」の名で親しまれています。
菅原道真公(845~903)を祀る神社で、天慶年中(938以降)に、法隆寺第9代管主湛照僧都(938~946)により建立されました。また、湛照僧都管主は、菅原氏の後裔であることも関係し、ここに建立したと伝えられています。境内には、本殿、一殿、二殿と惣社、五所社、白山社、大将軍社、厳島社、恵比須社の六社が祀られています。10月中旬には、家内安全と五穀豊穣を願って、五台のふとん太鼓が練り繰りひろがられます。
-境内の案内板より-

とのこと。法隆寺鬼門の守護神と考えられ、現在も法隆寺との関係は深いそうです。

いざ、斑鳩神社へ

DSC_3568

石鳥居が渋いです!

DSC_3569

階段と石燈籠。色こそ白いですが京都の貴船神社が脳裏を過ります。

DSC_3570

登り切って拝殿がおでむかえ。

DSC_3571

さっすが天満宮。牛さんがお出迎えです。

DSC_3572

御祭神は菅原道真。

北野天満宮や太宰府天満宮で有名ですね。学問の神様です。

DSC_3577 DSC_3573 DSC_3574

拝殿の瓦の両サイドには小さい狛犬さんが逆立ちしてます。

可愛い!!

DSC_3578

法隆寺はさすがと言えるくらいの参拝客+修学旅行生で溢れていますが斑鳩神社までくると人がいません。
法隆寺である程度興奮したら、ここまできて心落ち着けるのもありかもしれません。

 

天満宮・斑鳩神社

所在地:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北1-1
駐車場:5台(無料)

 

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 
 
 次回予告
  1. 【京都に元伊勢神宮!?今も残る元伊勢外宮・豊受大神社へ参る】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。