激レア!!氷の神を祭る話題豊富ゆえ押さえておきたい氷室神社

延暦寺の話も一段落したところで奈良へ。
これは昨年の7月頃に行った話です。

近鉄奈良駅から少し東へ進むとすぐに参拝できるのがこちらの神社。

氷室神社

でございます。

氷室神社とは!?

 元明天皇の御世、和銅3年7月22日、勅命により平城新都の左京、春日の御蓋の御料山(春日山)に鎮祀され、盛んに貯水を起こし冷の応用を教えられた。これが平城七朝の氷室で、世に平城氷室とも御蓋氷室とも春日の氷室とも言われた。翌和銅4年6月1日初めて献氷の勅祭を興され、毎年4月1日より9月30日まで平城京に氷を献上せられた。奈良朝七代七十余年間は継続せられたが、平安遷都後はこの制度も廃止せられ、遂に150年を経て、清和天皇の御世、貞観2年2月1日現在の地に奉遷せられ、左右二神を増して三座とせられた。以来、現在の春日大社の別宮に属し式年に営繕費、年中の祭礼等は、興福寺、春日社の朱印高二万石の内と社頭所禄三方楽所料二千石の一部によって行われたが、明治維新後はこの制度も廃せられ、専ら氏子と冷凍氷業界の奉賛によって維持せられて今日に及んでいる。また、本殿東側には末社として、南都舞楽の楽祖なる狛光高公を祀った舞光社がある。

引用元:氷室神社公式サイト「ご由緒」

冬場にできた氷を貯蔵しておく氷室。俺は氷室に関して大した知識もなかったのですが、平城京の時代には既に氷室があったのですね。そんな大昔にあったとは…すごい事です。

いざ、氷室神社へ

DSC_4199 DSC_4200

すごい立派な鳥居です。
かつては春日大社の別宮に属していたわけです。
現在は氷室ということもあり冷凍氷業界の奉賛によって維持しているそうですが「氷の神」を祭るというのも珍しい神社です。

DSC_4201 DSC_4202

手水舎

DSC_4204 DSC_4205 DSC_4206

前掛け付きの可愛い狛犬さま。
お行儀よくちょこんと座っている感じがいいですね!

DSC_4207 DSC_4208 DSC_4209

俺が参拝した時は夏だったのでこのように霧が出ていました。
涼しさに配慮する氷室神社。参拝客にも優しい!

DSC_4213 DSC_4212 DSC_4216 DSC_4217

鬼瓦も迫力があります!
奈良の神社ということもあり威厳というか、細部のこだわりというのかこういう細かいところに奈良の良さって出てますよね。個人的にこういう職人肌的なやつめっちゃ好きです。

DSC_4215 DSC_4210

御祭神

闘鶏稲置大山主命
(ツゲノイナギオオヤマヌシノミコト)

大鷦鷯命
(オオササギノミコト)

額田大仲彦命
(ヌカタノオオナカツヒコノミコト)

DSC_4211

御祭神のお三方。

氷を作ってた、闘鶏稲置大山主命。氷を献上したのが額田大仲彦命。氷を献上されたのが大鷦鷯命。
という流れのようです。

今から1600年以上もの昔のことです。現在の奈良市郊外都祁村にあたる「鬪鷄(つげ)」という所で猟をしていた額田大中彦皇子が、その都祁の地の鬪鷄稲置大山主(つけのいなきおおやまぬし)が所有していた氷室を発見しました。そして皇子がその氷室の氷を天皇への献上品として差し出したところ天皇は大変喜ばれ、これがきっかけとなり日本古代律令国家に蔵氷と賜氷という制度が生まれました。

引用元:大阪には本物の氷がある「大阪純氷」/氷の博物館/人と氷の関係史

 

ちなみに、清少納言の「枕草子」ではかき氷の元祖的なものが記載されていると有名ですが、平城京の時代に氷が既に献上されたり氷室で保管されていたりということを考えれば必然なんでしょうね。
歴史の教科書では学ばなかったなぁ~。

日本人が「かき氷」が好きな理由はこういうところにルーツがあるのかもしれませんね。

DSC_4214

そして、この氷室神社は「奈良一番桜」と言われており、春には美しい【枝垂桜】で有名です。

また、全国の製氷業者、氷小売業者が参列し、神前に「鯉の滝のぼり」などの花氷や氷柱を奉納。午後から神社伝来の舞楽が奉納される献氷祭も有名です。

LINK 大和路アーカイブ [氷室神社(奈良市)] 献氷祭

有名とか言っておきながら見たことないんですけどね(-_-;)
ん~、すごそう。いつか自分の眼で見てみたいです。

ちなみに、元BOØWYの氷室京介さんのファンの方々が参拝することでも有名なのですが、フィギュアスケートの人気とともにそちらのファンの方々も参拝されるそうです。

LINK 氷室京介ファンでなくスケート応援が増えた神社 : 運営・話題 : ソチ五輪2014 : 五輪 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
幅広いファン層を持つ氷室神社。是非、チェックしてみてください!

 

氷室神社

所在地:奈良市春日野町1-4
電話:0742-23-7297
HP:http://www.himurojinja.jp/index.html

 

合わせてチェック!
 
 
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【心が燃え尽きた看護師が自分探しの旅の果てに見つけた答え】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。