大人になってからもう一度参拝すべき奈良の世界遺産・法隆寺のこと

奈良と言えば東大寺、大仏さん、奈良公園…などなど有名どころが挙がると思います。
ですが、今回は修学旅行の定番とされるところに行きます。

法隆寺

俺も中学の修学旅行で行ったような記憶があります。
記憶があるという表現の示す通り、正直覚えてません。当時は神社・寺の良さなんてわかりませんでしたし。
大人になってようやく良さがわかるようになりました。
なので、今回は当時は分からなかった良さを体感したく法隆寺へと足を運びました。

法隆寺とは!?

 法隆寺(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある寺院。聖徳宗の総本山である。別名は斑鳩寺(いかるがでら、鵤寺とも)、法隆学問寺など[1]。
法隆寺は7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える仏教施設であり、聖徳太子ゆかりの寺院である。創建は金堂薬師如来像光背銘、『上宮聖徳法王帝説』から推古15年(607年)とされる。金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられる。境内の広さは約18万7千平方メートルで、西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。
法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。建造物以外にも、飛鳥・奈良時代の仏像、仏教工芸品など多数の文化財を有する。

通説によれば、推古天皇9年(601年)、聖徳太子は斑鳩の地に斑鳩宮を建て、この近くに建てられたのが法隆寺であるとされる。金堂の「東の間」に安置される銅造薬師如来坐像(国宝)の光背銘には「用明天皇が自らの病気平癒のため伽藍建立を発願したが、用明天皇がほどなく亡くなったため、遺志を継いだ推古天皇と聖徳太子があらためて推古天皇15年(607年)、像と寺を完成した」という趣旨の記述がある。

引用元:Wikipedia「法隆寺」

そうなんです。世界遺産なのです。そして、飛鳥時代の日本の英雄・聖徳太子が完成させたということです。

いざ、法隆寺へ

DSC_3505

南大門。こちらも国宝です。

DSC_3503 DSC_3506

案の定、修学旅行生たちがいらしてました。
俺も当時はこんなんやったんかなぁ~なんて想いながらすれ違いました。

DSC_3508 DSC_3509

日本最初の世界文化遺産 法隆寺!!

DSC_3510

こちらが中門になります。これが飛鳥建築というものだそうです。

DSC_3511DSC_3513

左右に立つ金剛力士像は奈良時代のものだそうです。

このお二人が日本に残っている最古のものだそうです。
ものすごい迫力です。貫録が違いますね。

DSC_3519

こちらの五重塔の高さは約31.5メートル(基壇上より)です。
この法隆寺の五重塔が日本最古の五重塔として知られています。

DSC_3521 DSC_3524 DSC_3525 DSC_3527

五重塔のお隣にあるのが金堂。

法隆寺のご本尊を安置する聖なる殿堂が金堂です。威風堂々としたこの建物の中には、聖徳太子のために造られた金銅釈迦三尊像(飛鳥時代)、その左右には太子の父である用明天皇のために造られた金銅薬師如来座像(飛鳥時代)、母である穴穂部間人皇后のために造られた金銅阿弥陀如来座像(鎌倉時代)、それを守護するように樟で造られたわが国最古の四天王像(白鳳時代)が、邪鬼の背に静かに立っています。そのほか木造吉祥天立像・毘沙門天立像(平安時代)の諸像が安置されています。
また天井には、天人と鳳凰が飛び交う西域色豊かな天蓋が吊され、周囲の壁面には、世界的に有名な壁画(昭和24年焼損、現在は再現壁画がはめ込まれています)が描かれ、創建当初の美しさが偲ばれます。

引用元:法隆寺「金堂」

 

DSC_3530

柱には龍が絡み付き、

DSC_3531

隅には獅子さんがおられます。なんかすごいです。

DSC_3532

こちらが大講堂。
薬師三尊像が安置されていますが中は写真NGのため撮影できず。無念です。

DSC_3533 DSC_3536

やっぱり、金堂+五重塔が絵になりますね。

DSC_3539

聖霊院

鎌倉時代に聖徳太子信仰の高揚にともなって、聖徳太子の尊像(平安末期)を安置するために、東室の南端部を改造したのがこの聖霊院です。内部には3つの厨子があり、中央の厨子には法隆寺のご本尊でもある聖徳太子45歳の像、左の厨子には太子の長子・山背大兄王や兄弟皇子の殖栗王の像、右の厨子には太子の兄弟皇子・卒末呂王や高句麗僧・恵慈法師の像(いずれも国宝)が祀られ、秘仏として毎年3月22日のお会式(御命日法要)の時にご開帳されます。

引用元:法隆寺「聖霊院」


↑引用させていただきました。

DSC_3540 DSC_3542

こちらで御朱印がいただけます。

このながれで東側に行こうとしてしまったのですが、その前に西側を忘れそうなので先に西側へ。

DSC_3544 DSC_3547

亥之子弁財天。

DSC_3549 DSC_3552

そして、この石段の上にあるのが…。

DSC_3555

西円堂

DSC_3556

西院伽藍北西の小高い丘に八角造りの円堂があります。奈良時代に橘夫人の発願によって行基菩薩が建立したと伝えていますが、現在の建物は鎌倉時代に再建されたものだそうです。そして、そのお堂の中央には、日本最大級の乾漆像として知られ、霊験あらたかな本尊薬師如来座像が安置されています。

でわ、改めて東側へ。

DSC_3558

東院通用門

DSC_3559 DSC_3560 DSC_3561 DSC_3562

夢殿

聖徳太子が住まわれた斑鳩宮跡に、行信僧都という高僧が、聖徳太子の遺徳を偲んで天平11年(739)に建てた伽藍を上宮王院といいます。その中心となる建物がこの夢殿になります。

八角円堂の中央の厨子には、聖徳太子等身と伝える秘仏救世観音像を安置し、その周囲には聖観音菩薩像、乾漆の行信僧都像、平安時代に夢殿の修理をされた道詮律師の塑像なども安置しています。

この夢殿は中門を改造した礼堂と廻廊に囲まれ、まさに観音の化身と伝える聖徳太子を供養するための殿堂として建立されました。

こちらも西円堂のように360度見て回れる造りになっております。

DSC_3564

そして回廊。こちらもすごく綺麗な造りになってます。

写真を撮ってるだけでも楽しくなってきてしまいました。

法隆寺。修学旅行で来たときってこんなんやったっけ??と思えるくらいでした。
まずは広い。でかい。こんな規模なん?というくらいですね。
そして、日本最古とあるだけあって渋い!やっぱ中高生には良さがわかりにくい気がします。

大人になって味わえる良さを改めて痛感いたしました。
逆に言えば、「あの頃わからなかったものがわかる今って大人になったんだなぁ」って捉えることができますかね。

有名な話ですが、俺がすごいと思った小話

DSC_3519

この法隆寺の五重塔が実は数年前、とあるものに流用されました。

43132495-2-compressor

それが東京スカイツリーです。

最新の建築物であるスカイツリーが法隆寺の五重塔とおなじ「心柱」の構造によって支えられているそうです。
あらためて当時の技術が現代から見てもすごいということですね。

参考東京スカイツリーに生かされた時空を超えた和のかたち|【Tech総研】

声を大にして言いたいこと。それは、大人になってから訪ねてみる法隆寺もなかなか面白いです。

 

法隆寺

所在地:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1−1
電話:0745-75-2555
駐車場:法隆寺参道の近くにあり
HP:http://www.horyuji.or.jp/index.htm

 

合わせてチェック!
 
 
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【救命センターに勤めて燃え尽き症候群になった看護師の話】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。