古代の英雄・聖徳太子が眠るのは大阪にある太子町の叡福寺

古代史の英雄・聖徳太子。彼の名前を知らない日本人はいないでしょう。
彼の偉業は歴史の教科書にも太文字で記載されるレベルです。

かつては旧札にも描かれるほどの人物です。

そんな彼を求めて奈良県の明日香村へ足を運んだこともあります。

聖地巡礼!古代の英雄・聖徳太子が生まれた場所はこの橘寺

2015.05.22

↑よろしかったらご参照ください。

 

DSC_6886

今回は大阪。叡福寺へ向かいました。なんと聖徳太子のお墓があるそうです。

叡福寺(えいふくじ)とは!?

寺伝によれば、聖徳太子は生前、推古天皇28年(620年)にこの地を墓所と定めたという。推古天皇29年(621年)、穴穂部間人皇女が没するとここに葬られる。翌年の推古天皇30年(622年)には、相次いで没した聖徳太子と妃の膳部菩岐々美郎女が追葬されたといわれる。太子の没後、伯母にあたる推古天皇が土地建物を寄進し、墓守りの住む堂を建てたのが叡福寺の始まりとされている。

引用元:Wikipedia「叡福寺」

 

叡福寺は聖徳太子ゆかりの寺として、歴代の天皇や権力者に重んぜられた。平安時代には嵯峨天皇をはじめ多くの天皇が参拝しており、平清盛は子息の平重盛に命じて堂塔の修理をさせている。また聖徳太子は、仏教の興隆に尽力したため、日本仏教の開祖として賛仰された。空海・良忍・親鸞・日蓮・一遍など新仏教の開祖となった僧たちが、墓所があるこの寺に参籠したことが知られている。
当寺は、天正2年(1574年)の織田信長による兵火で大きな被害を受け、古代の建物は残っていない。その後、慶長年間(1596年 – 1615年)、後陽成天皇の勅願により豊臣秀頼が伽藍を再興した。

引用元:Wikipedia「叡福寺」

聖徳太子は27歳の時この叡福寺の地を御廟の候補地とし、周囲を寺院地とされ、47歳の時、廟をお造りになられました。
そんな場所に来ることができて光栄の極みです。

いざ、叡福寺へ

DSC_6887 DSC_6891

とても広いお寺です。なにより綺麗です。

DSC_6893

南大門

色褪せてきた朱色がまた渋いです。もちろんの仁王像も決まっています。

DSC_6895

手水舎

龍がカッコいいです。手水舎で手ごたえのある写真は久々かも。

DSC_6896

↑金堂
こちらの本尊は高さ90cmの如意輪観音の坐像です。聖徳太子の本地が観世音菩薩であるという平安朝以来の信仰に基づいているそうです。

ちなみに、この金堂の裏に近接して「聖霊殿(太子堂)」があります。

DSC_6898

↑多宝塔

こちらのご本尊は東面に釈迦・文殊・普賢の三尊像です。

DSC_6901 DSC_6902

正面に見えるのが「二天門」

DSC_6903

もはや看板はなんて書いてあるのかは読めません。

DSC_6915 DSC_6917

二天門の内側には派手に決まった二天がおられます。
なんてわかりやすいんだ!

聖徳太子御廟へ

DSC_6906 DSC_6907

そしてこちらが『聖徳太子御廟』です。

DSC_6908

この磯長山 叡福寺は聖徳太子と、その二ヶ月前になくなられた太子の生母穴穂部間人皇后と、一日前(一説には同日)に亡くなられた太子夫人膳部大郎女とを葬ってあるそうです。
いわゆる「三骨一廟」なのだそうです。

DSC_6909 DSC_6911

ここはほぼ正面の写真になってしまっていますが、周りを石が囲んでいるのがおわかりでしょうか?結界石と呼ばれるもので、内側の結界石は弘法大師・空海が一夜にして築いたものという伝承が残されています。

DSC_6912

ここにあの聖徳太子が眠っておられるんですね。
歴史の教科書に名前を残した人がここに眠っておられるというにも不思議な感じです。

こちら聖徳太子の磯長墓を祭祀守護する性格の寺院であるところから太子寺、御廟寺、聖霊院の号もあり、四天王寺、法隆寺とならんで太子信仰の中核をなした寺院だそうです。

大人になってからもう一度参拝すべき奈良の世界遺産・法隆寺のこと

2015.04.03

↑法隆寺については上記をご参照ください。

この一連の太子建立伝説を持つ八尾市大聖勝軍寺の「下の太子」、羽曳野市野中寺の「中の太子」に対し、「上の太子」と俗称され叡福寺は親しまれているそうです。

是非、大阪に行く機会があれば立ち寄ってみるのも面白いかもしれません。
聖徳太子ファンは是非チェックしてください。

 

叡福寺

所在地:大阪府南河内郡太子町太子2146
電話:0721-98-0019
HP:http://www.shin-saigoku.jp/temple/11_eifukuji_01.html
駐車場:あり

 

合わせてチェック!
 
 
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【救命センターに勤めて燃え尽き症候群になった看護師の話】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。