10年ごとに開眼!人骨で造られるお骨佛で有名な一心寺

みなさんは自分が死んだ後のことを考えたことがありますか?
現在では都心部でお墓不足が叫ばれていたりもします。
また、お墓があってもそれを管理できないケースも増えているんだとか…。

なぜこんな話になったのかというと、夜勤中に先輩ナースとお墓をどうするかという話になったのです。

そして、その方曰く、このお寺がオススメだということ。

大変に興味が湧いたので訪れることにしました。

その名は「一心寺」です。

一心寺とは!?

 1185年(文治元年)の春、四天王寺の別当であった慈円の要請によって、法然が四天王寺の西門の坂のほとりに、四間四面の草庵を結び、「荒陵の新別所」後に「源空庵」と称して住んだという。後白河法皇が四天王寺参詣の際に訪れて法然と共に日想観を修した。当時草庵の西は海を遠く見渡せ、極楽浄土の瑠璃の地のようであったという。1596年(慶長元年)、三河の僧侶であった本誉存牟上人が法然の旧跡であるこの地で一千日の念仏修法を行い、寺を再興した。彼の一心称名をもって寺ができたため、一心寺という名になったといわれる。
家康は、境内の坂の孤松のすがたを讃えて、「坂松山」の寺額を贈った。大坂冬の陣・大坂夏の陣では徳川家康の陣が茶臼山に隣接したこの寺に置かれている。この寺には大坂夏の陣の天王寺・岡山の戦いで最前線に立ち討ち死にした本多忠朝の墓所があるが、彼は酒を飲んでいたため冬の陣で敗退し家康に叱責され、見返そうと夏の陣で奮戦したが討ち死にし、死の間際に「戒むべきは酒なり」と言い残したといわれることから「酒封じの神」とされるようになった。今でも墓所には禁酒を誓う人がよく詣でている。

引用元:Wikipedia「一心寺」

 

いざ、一心寺へ

 

DSC_7446 DSC_7440

お寺とは思えないモダンな造り。

DSC_7444 DSC_7443

これは俗にいう、山門と仁王像になるのでしょうか…。

DSC_7429 DSC_7423 DSC_7425

多くの参拝客が手を合わせる仏様がいらっしゃいます。

それが「お骨仏」というものです。

 

お骨佛とは!?

DSC_7426

一心寺は宗派を問わず、納骨をお受けしています(一部宗派を除く)。納められたご遺骨は10年分をひとまとめにしてお骨佛(遺骨で造られる阿弥陀如来像)を造立いたします。

引用元:一心寺 納骨とお骨佛

明治20年(1887年)に始まって以来、今日まで200万人以上の納骨により仏像が造立されているそうです。10年ごとに1体ずつ開眼し、現在までに13体が作られているんだとか。

DSC_7427 DSC_7445-compressor

↑本多忠朝のお墓です。

断酒したい人も一心寺に足を運んでもいいですね。

DSC_7438

縁結地蔵尊

DSC_7433 DSC_7434

冒頭の先輩ナースと話をした件ですが、何が一心寺でオススメなのか。
それは「自分の遺骨はここに納めれば墓はいらない。」というもの。

「無駄に手入れもいらん。定期的にお坊さんがお経も唱えてくれる。
家族にはお盆の時期に大阪に遊びにきてもらって手を合わせてもらった後は、大阪で美味しいものを食べて帰ってもらえれば十分でしょう。」

そんな結論に至りました。

残す家族の迷惑にはなりたくない…。そう思うとmasayan的に一心寺は理想的です。

一心寺

所在地:大阪市天王寺区逢阪2丁目8-69
電話:06-6771-0444
HP:http://www.isshinji.or.jp/index.html

 

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 
 
 次回予告
  1. 【ここが東山文化の代表!美しい庭園が見所の銀閣寺改め慈照寺】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。