平重盛ファン必見!日本三弁財天と龍神と大願寺

厳島神社を出てすぐあるのがこちら。
こちらも厳島神社と同格くらいの知名度があってもいいくらいです。
合わせてご覧いただきましょう!

【大願寺】です。

このお寺の創建年代等については不詳だそうです。寺伝によれば平安時代初期に空海によって開かれたとも伝えられるそうですが、一説によれば鎌倉時代初期の建仁年間(1201年 – 1204年)了海によって開かれたとも伝えられるとか。

 

いざ、大願寺へ

DSC_1700.jpg_effected

立派な門がお出迎え。迫力があります。

DSC_1709.jpg_effected

弁財天の使いとされる厳島龍神がお祀りしてあります。

龍神が弁財天の使いとは…すごい扱いですね。

つまりはここの弁財天は龍神以上。別格です!!

DSC_1704.jpg_effected

こちらに「日本三弁財天」と称されている「厳島弁財天」が安置されています。

厳島弁財天は弘法大師空海の作と伝えられ、福徳・医薬・智恵・生産・海運・音楽・弁論など現世利益の女神として信仰されています。

そして、秘仏のため、いつでも見れるというわけではなく、一年にわずか一日だけ、6月17日にご開帳されます。

↑こちらも日本三弁財天のひとつです。合わせてチェックしてください!

DSC_1703.jpg_effected

護摩堂。

これは、明治初頭に発令された神仏分離令で損失した護摩堂を140年ぶりの2006年に再建したものです。

インド産の約20tの白檀で出来た高さ4mの不動明王が祀られていますが、残念なことに撮影禁止。

肉眼で見てもらうしかないですね。

DSC_1705.jpg_effected DSC_1706.jpg_effected

びんづる様は写真大丈夫そうです。
賓頭廬尊(びんづるそんじゃ)は、「なで佛さま」です。

自分の体の悪いところと同じところをなでると、なでた場所が治るといわれています。

そして、大願寺の目玉がこちら。

 小松内府平重盛御手植えの松
DSC_1702.jpg_effected
平家好きにはたまらないものです。

【重盛公、厳島辯財天の神徳霊験に感服し、国家安泰家門隆盛祈願のため参籠の際、境内にお手植えになった老松】との事。

重盛さんといえば、後白河法皇と父・清盛の間で苦悩されてた方です。清盛の後継者として期待されながらも、清盛と後白河法皇の対立では有効な対策を取ることができないまま、父に先立ち病没してしまいました。

個人的には平家では重盛さん大好きな人物です。

彼が植えたであろう松を見る日がこようとは…。感無量でございます。

 

大願寺

所在地:〒739-0535 広島県廿日市市宮島町3
電話:0829-44-0179
HP:http://www.miyajima-wch.jp/index.html

 

合わせてチェック!
 
 by masayan

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【あけぼの子どもの森公園は埼玉県のムーミン谷!北欧感漂う自然公園】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayan厳選の【オススメの〇〇記事三選シリーズ】をご用意してます。お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。