かつては平清盛も後白河法皇も訪れた熊野三山の一つ!熊野速玉大社

こんばんわ!ついに当ブログにおいてここに触れる日がようやく来ました
(何を題材にするかなんておまえの自由じゃねぇか!というツッコミは無視します。)

満を持して取り上げるのがこちら!

熊野詣

でございます。

熊野詣とは!?

熊野詣(くまのもうで)とは、紀伊半島南部、熊野にある、本宮(ほんぐう)・新宮(しんぐう)・那智(なち)の熊野三山を参詣することです。

引用元:熊野詣とは?:熊野入門

個人的に思い出すのは平清盛や後白河法皇ですかね。熊野詣をよくされていたように思います。

そしてこんなすごいフレーズもあります。

伊勢に七度、熊野に三度、どちらが欠けても片参り

俺、まだ伊勢神宮にも熊野三社にもあと数回は参らねばならぬようです。

では、そんな熊野詣のトップバッターをご紹介させていただきます。

熊野速玉大社】です。

熊野速玉大社とは!?

 創建年代は不詳である。
熊野速玉大神は、熊野速玉大社では伊邪那岐神とされ、熊野本宮大社では同じ神名で日本書紀に登場する速玉之男(はやたまのを)とされる。また、この速玉之男神の名から神社名がつけられたといわれる。熊野夫須美大神は伊邪那美神とされる。もともとは近隣の神倉山の磐座に祀られていた神で、いつ頃からか現在地に祀られるようになったといわれる。神倉山にあった元宮に対して現在の社殿を新宮とも呼ぶ。

引用元:Wikipedia「熊野速玉大社」

とのことです。↑にもあるように、元宮である神倉山は後ほど訪れます。

いざ、熊野速玉大社へ

さっそく参りましょう!

DSC_6348

下馬橋

DSC_6350 DSC_6351

すごい立派な鳥居です。
圧倒されますね。

DSC_6352

見えてきたのがこちら!
八咫烏神社(右)と手力男神社(左)

DSC_6353 DSC_6354

どちらも記紀に出てくる有名どころです。ご存じですか?

さくっと紹介させていただきますと、アマテラスが天岩戸に引きこもってしまった際、アマテラスを引っ張り出したとか、出てきた瞬間に蓋をしていた岩を投げ飛ばしたりと力持ちの神様が手力男になります。

また、初代天皇にあたる神武天皇を導いたのが3本足のカラス・八咫烏になります。

DSC_6355 DSC_6356

↑こちらが熊野神宝館

DSC_6357

凛々しいタイプの狛犬さまでした。

DSC_6361

手水舎には龍…なのでしょうか?どちらかというと獏のようなデザインですね。

DSC_6362

比較的、手水舎と言えば龍ですが。身体を見ると龍っぽいですね。

DSC_6359

でわ、拝殿へ向かいます!

DSC_6363

出雲大社を思わせるような太い注連縄です。

全国熊野神社総本宮!この活字を見るだけでどれだけすごい神社なのでしょうかね。

DSC_6364

サッカー日本代表のユニホームに選手のサイン入りで展示されていました!

え??なんでかって??

ご存じない方に説明させていただきますと、現在日本サッカー協会のシンボルとして【八咫烏】が採用されているのです。

 

dd613ab1-compressor

 

 

 

 

 

 

 

↑よく見ると足が3本ありますね。

では、話を元に戻しましょう。

DSC_6365 DSC_6368

新宮神社

DSC_6369

熊野恵比寿神社

DSC_6370

連なるように長い社の全景。

新宮には下記のように熊野十二所権現+神倉山の祭神の13社が祀られています。

社殿名 祭神名
上四社 第一殿 速玉宮 熊野速玉大神・伊邪那岐大神
第二殿 結宮 熊野夫須美大神・伊邪那美大神
第三殿 証誠殿 家津美御子大神・国常立尊 上三殿
第四殿 若宮 天照皇大神
神倉宮 高倉下命
中四社 第五殿 禅児宮 忍穂耳尊高倉下命 おしほみみのみこと
第六殿 聖宮 瓊々杵尊 ににぎのみこと
第七殿 児宮 彦穂々出見尊 ひこほほでみのみこと
第八殿 子守宮 うが草葺不合尊(う=慮+鳥、が=茲+鳥)
下四社 第九殿 一万宮
十万宮
国狭槌尊 くにさづちのみこと
とよくむぬのみこと
第十殿 勧請宮 泥土煮尊 うひじにはにのみこと
第十一殿 飛行宮 大戸道尊 おおとのじのみこと
第十二殿 米持宮 面足尊 おもだるのみこと

引用元:Wikipedia「熊野速玉大社:熊野の観光名所

とても長く横に広いので祀られている神様もたくさんおられます。

DSC_6372

把握するのが困難です。
逆に言えば、ここにくれば大概の神様にお参りできるということでもありますね。

DSC_6375

第一殿・結宮、第ニ殿・速玉宮前の拝殿

DSC_6376 DSC_6377 DSC_6379 DSC_6381 DSC_6382

神紋はやはり八咫烏!

DSC_6383 DSC_6387

熊野稲荷神社!

DSC_6392 DSC_6394

なぜにこんなところに弁慶さん!?
どうやら弁慶の出自は熊野速玉大社に仕えた鈴木一族とされているそうです。
そういう繋がりで弁慶さんがこちらにいらっしゃるのですね。

DSC_6388

帰り際、行きでは触れなかったこちら!
【梛(なぎ)の大樹】

こちらの梛は平安末期に熊野三山造営奉行を務めた清盛の嫡男・平重盛の手植えと伝えられています。
推定樹齢1000年。梛としては日本最大なのだそうです。もちろん、国の天然記念物に指定されています。

「なんと!あの重盛が!!」っと平家好きは興奮してしまいますね。
樹齢1000年。今なお健在です。すごい!!

DSC_6390 DSC_6367

なんともボリュームたっぷりに紹介しましたが、解説しようと思えばもっと文字数も写真も使えますが今回はこの程度に収めてみました。
熊野詣はまだまだこれから!初回からこれだけボリューム満点だと期待しかできないですね。

熊野速玉大社

所在地:和歌山県新宮市上本町1丁目1
電話:0735-22-2533
駐車場:あり
HP:http://kumanohayatama.jp/

 

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 
 
 次回予告
  1. 【京都に元伊勢神宮!?今も残る元伊勢外宮・豊受大神社へ参る】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。