ここが神武天皇が訪れた天磐盾!神倉神社はド迫力!

さ、続いて向かったのが先日の熊野速玉神社の摂社になります。
車で数キロ先へ移動。
駐車場へ車を置き進みます。
ここもすんごいところだという前評判を耳にしていたのでとても楽しみでした。

DSC_6395 DSC_6396

写真では少し見えにくいですが、こちら!
神倉神社】です。

神倉神社とは!?

 神倉神社は、熊野速玉大社の摂社である。新宮市中心市街地北西部にある千穂ヶ峯の支ピーク、神倉山(かんのくらやま、かみくらさん、標高120メートル)に鎮座し、境内外縁はただちに断崖絶壁になっている。山上へは、源頼朝が寄進したと伝えられる、急勾配の鎌倉積み石段538段を登らなければならない。
山上にはゴトビキ岩(「琴引岩」とも。ゴトビキとはヒキガエルをあらわす新宮の方言)と呼ばれる巨岩がご神体として祀られている。この岩の根元を支える袈裟岩と言われる岩の周辺には経塚が発見されており、平安時代の経筒が多数発掘され、そのさらに下層からは銅鐸片や滑石製模造品が出土していることから、神倉神社の起源は磐座信仰から発したと考えられている。
神倉神社の創建年代は128年頃といわれているが、神話時代にさかのぼる古くからの伝承がある。『古事記』『日本書紀』によれば、神倉山は、神武天皇が東征の際に登った天磐盾(あめのいわたて)の山であるという。このとき、天照大神の子孫の高倉下命は、神武に神剣を奉げ、これを得た神武は、天照大神の遣わした八咫烏の道案内で軍を進め、熊野・大和を制圧したとされている。しかし、「熊野権現御垂迹縁起」(『長寛勘文』所収)には神剣と神倉山を結びつける記述はないことから、天磐盾を神倉山と結びつける所説は鎌倉時代以降に現れたものと考えられている。

引用元:Wikipedia「神倉神社」

ここを記紀に登場する天磐盾と思うかどうかはあなた次第ってことですね。
ちなみに、「熊野三山」の一部、および世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部となっております。

いざ、神倉神社へ

DSC_6397 DSC_6399 DSC_6401 DSC_6403 DSC_6404 DSC_6405

おお!と見上げてしまう大きな朱色の鳥居です。

DSC_6407

なぜお爺さんがここで立ち止まりお祈りしているのかというと、それもそのはず。
鳥居の奥に見える急こう配の上り坂&石段がその答えですね。

お祈りが終わったあと、お爺さんに挨拶してお話させていただきました。
やはり、「この歳では上までもう行けないよ」とのことでした。

俺もてっぺんまで到達できるのだろうかと唾を飲みます。

DSC_6408 DSC_6410

途中にあった火神社。

DSC_6411

まだまだ石段は続きます。

これが冒頭でもふれた【源頼朝が寄進したと伝えられる急勾配の鎌倉積み石段538段】なのか~。ぐぉ~めっちゃ辛い~。

DSC_6412

ようやく神倉神社へ到着!

DSC_6413

「ぜーはーぜーはー」言いながら汗を垂らしてようやく到着。
長かった…。

DSC_6414 DSC_6419

なんじゃこりゃー!!
社が潰されそうなきわどい所に建てられています。

DSC_6420 DSC_6421

そしてこれがゴトビキ岩(琴引岩)ですね。御神体がこの岩ということです。
御神体に寄り添うように建てられた社。
なんか「すごい迫力です」では収まらない衝撃に包まれます。

DSC_6428

御祭神:高倉下命、天照大神

せっかくなので無事に登ってこれたことに感謝し、怪我なく下山もできますようにとお願いさせていただきました。

DSC_6426

そしてお祈りを終えるとこの高さからの絶景が待っていました。
なんという美しさ。登ってきた辛さをかき消します。
というか、この高さまで登ってきたんだなぁ~と実感できます。

DSC_6429

岩と岩の間に石段のようなものがあり、これを上ると…。

DSC_6430

祭祀跡のようです。注連縄のようなものもありますし、1つだけですが紙垂もありますし、何か特別な場所なのかもしれませんね。
それにしても、この美しい景色を神武天皇も見ていたのでしょうか。
神武天皇が熊野に到着した際に登られた天磐盾。

こういう凄いものを見せつけられると、確かに根拠がなくとも「ここで神武天皇が神剣を渡されたり、八咫烏が導いてくれたんだんだよ」と言われれば「そうだったんだ!」って思えるくらいの場所でした。

せっかく熊野詣をするなら熊野速玉神社の摂社ですし、参拝してその眼に刻みつけていただきたいパワースポットです!

 

神倉神社

所在地:和歌山県新宮市神倉1丁目13-8
駐車場:あり
HP:http://kumanokaido.com/hayatama/

 

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【平清盛が行った日宋貿易の要!出土した石椋から大和田泊を思ふ】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。