日本一の兵・真田幸村終焉の地!安居神社

一心寺を後にして向かったのがこちら。知る人ぞ知る有名な神社です。

その名も「安居神社」です。

歴史好き、戦国武将好きにはたまらない場所かもしれません。

 

DSC_7447

 

安居神社とは!?

 安井神社(やすいじんじゃ)とは大阪府大阪市天王寺区にある神社。安居天満宮ともいう。安居天神、安居神社とも。
創建年は不詳であるが、当社は少彦名神が祭られており、天慶5年(942年)から菅原道真が祭られるようになったと伝えられている。菅原道真が大宰府に流されるときに、風待ちのために休息をとった為にその名がついたという伝承がある。
明治に書かれた『大阪けんぶつ』では、当社は菅原道真ではなく少彦名神を祀る神社であり、道真が休んだから「安居」となり、近くに天王寺三名水の井戸があることから「安井」となったと伝えられるが、考証がないため信じられない、としている。境内には桜や萩などがあり、茶店もあって見晴らしよく、遊客も多かったという。摂津名所図会、浪速名所図絵でも花見の名所として選ばれている。
大丸の創業者の下村彦右衛門正啓がよく信仰していたので大丸天神と称されることがある。

引用元:Wikipedia「安居神社」

 

 

いざ、安居神社へ

DSC_7448

御祭神:少彦名神、菅原道真です…。

DSC_7450 DSC_7449

…が、御祭神よりもこっちとしての方が有名かもしれません。

DSC_7451

道路から入り参道を進みます。

DSC_7452 DSC_7457

既にあの方が映っていますが、それは後回し。

DSC_7469

安居神社拝殿。

DSC_7481 DSC_7483

神社としてはすごくシンプルです。

菅原道真さんが御祭神でしたけど、牛さんいなかったかなぁ~。見落としてしまったかも。

DSC_7486 DSC_7484

こちらは摂社の稲荷神社。

真田幸村終焉の地

みなさん!おまたせしました!!恐らくこちらがメインです。

DSC_7464

大坂夏の陣で真田幸村が戦死したのが安居神社境内といわれています。
慶長二十年(1615)五月七日、天王寺口の茶臼山に布陣した真田幸村は、毛利勝永らとともに徳川幕府軍と大激戦を繰り広げます。一時は幸村や勝永らの獅子奮迅の戦いぶりに幕府軍が大混乱になり徳川家康を窮地に追い込むものの、大兵力の幕府軍相手に戦の流れが変わり、真田幸村も力尽き、安居神社境内の一本松の下で休息しているところを松平忠直隊の武将に討ち取られてしまいます。享年49。

神社には「真田幸村の像と戦死跡の碑」と、そして真田幸村が休息していたといわれる二代目の一本松「さなだ松」があります。

『日本一の兵(つわもの)』とも称される真田幸村。まぁ、正確には真田信繁さん。

DSC_7465

お酒にすら「六文銭」

DSC_7459 DSC_7458 DSC_7461 DSC_7467 DSC_7463

この神社で一休みされている真田幸村さん。

DSC_7468

この松の木の下で休んでいたそうです。

ゆえの「さなだ松」。

DSC_7490

社務所にある絵馬です。
真田幸村関係の役をされる際には訪れる役者さんもいるそうです。

DSC_7455

絵馬はもちろん、真田家の家紋・六文銭です。

DSC_7460

戦国武将・真田幸村さんのファンの方は特に多いと思いますが、幸村終焉の地は是非押さえておきたいところですね。

 

安居神社

所在地:大阪市天王寺区逢阪1-3-24
電話:06-6771-4932

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 
 
 次回予告
  1. 【京都に元伊勢神宮!?今も残る元伊勢外宮・豊受大神社へ参る】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。