せっかく応神天皇陵に行くのなら、誉田八幡宮も経由せよ!

白鳥神社を後にして向かったのがこちら。

誉田八幡宮

です。

聞いたところによりますと、15代応神天皇を祭り、日本最古の八幡宮なのだそうです。
朝廷・幕府からの庇護も厚く、武神として崇められたとか。

誉田八幡宮とは!?

社伝では、欽明天皇の命により、応神天皇陵の前に社殿を建立したのに始まるとしており、そこから「日本最古の八幡宮」を称している。実際には、もっと後の八幡信仰が盛んになった時代に建立されたものとみられる。永承6年(1051年)、元の鎮座地から1丁(約100m)ほど南の現在地に遷座した。
八幡神が源氏の氏神とされることから、源氏姓を名乗る歴代の将軍をはじめ、武家の信仰を受けた。南北朝時代から戦国時代にかけては、別当職の誉田三河入道一族によって保護されたが、享徳3年(1454年)より始まった河内守護・畠山氏の内輪争いにより社殿・伽藍を焼失し荒廃した。河内国を支配下に置いた織田信長により、社領を全て奪われた。
その後、豊臣秀吉は社領200石を寄進し、社殿を再建した。天正14年(1586年)に社殿が焼失したため、豊臣秀頼が片桐且元を普請奉行に任命して社殿再建を行ったが、拝殿の建造中に大坂夏の陣・豊臣氏滅亡があり、建物の内部が未完成のままとなっている。
江戸幕府も200石の社領を安堵し、数度にわたり社殿の修復を行った。

南大門
神宮寺として長野山護国寺があったが、明治初年の廃仏毀釈により大半の建物が取り壊され、現在は南大門のみが残る

引用元:Wikipedia「誉田八幡宮」

いざ、誉田八幡宮へ

DSC_3169 DSC_3171

立派な石鳥居です。

DSC_3172

広い神社です。境内は見どころ満載です。

DSC_3184 DSC_3186

恵比寿社

DSC_3187

神馬

DSC_3188

姫侍稲荷社

DSC_3173

南大門。とても立派な切妻造です。

それもそのはず、こちら江戸時代に八幡宮の神宮寺であった長野山護国寺の門なのだそうです。

DSC_3177

そして右近の橘

DSC_3180

左近の桜

右と左で美しい花があるというのはまた素敵な演出。

DSC_3182

そしてこちらが拝殿。

御祭神:応神天皇

慶長十一年(1606)に豊臣秀頼が普請奉行に片桐且元を任じて再建させたものの、完成直前に大阪の役が勃発。八割近くできていたのに放置されてしまったそうです。その後、徳川家光が再建工事を続行して完成したという話。家光よくやったって話です。

DSC_3183

そんな創設時の話がかすんで見えるくらい立派です。

DSC_3189

柵の先、左側に見えるのが放生橋です。

そして、ここからが本番。
この柵の先が気になりますよね?
くるっと回り込みます。

DSC_3195

すると見えてくるのがこちら。

DSC_3193

応神天皇陵です。

誉田御廟山古墳とは

 誉田御廟山古墳 (こんだごびょうやまこふん、誉田山古墳)は、大阪府羽曳野市にある前方後円墳。古市古墳群の中心となる古墳で、約420メートルという墳丘長は百舌鳥古墳群の大仙陵古墳に次ぐ全国2位の規模である。
宮内庁により「惠我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)」として第15代応神天皇の陵に治定されている。内濠と内堤より内側は宮内庁によって管理されている。外濠と外堤は民有の農地となっていたが、大古墳の一部ととして、1978年(昭和53年)に外濠、外堤のみを独立して史跡に指定された。一般には「応神天皇陵」とも呼ばれる。

引用元:Wikipedia「誉田御廟山古墳」

DSC_3198

御陵のすぐ裏に祭ってくれる神社がある。
これはせっかく参拝しにきたのなら直接こちらまで足を運ばねばもったいないです。

 

誉田八幡宮

所在地:大阪府羽曳野市誉田3-2-8
電話:072-956-0635
駐車場:あり
HP:http://www012.upp.so-net.ne.jp/kondagu/

 

合わせてチェック!
 
 
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【心が燃え尽きた看護師が自分探しの旅の果てに見つけた答え】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。