古代史最大のクーデター!乙巳の変の舞台・飛鳥板葺野宮跡

続いて向かったのがこちら!

飛鳥板葺野宮跡

先日の蘇我入鹿の首塚でも触れました大化の改新として有名な乙巳の変の舞台となったところになります。

飛鳥板葺野宮とは!?

 1959年からの発掘調査により、多くの掘立柱建物、掘立柱塀、石組溝、石敷遺構などが検出された。その遺構の変遷は、大きく三時期に分類され、それぞれ、飛鳥岡本宮、飛鳥板蓋宮、後飛鳥岡本宮・飛鳥浄御原宮であったことから、支配体制の変革や王権の存在形態、その歴史的変遷を考えるうえで重要である。また、飛鳥板蓋宮は、中大兄皇子・中臣鎌足が大化改新を断行し、蘇我入鹿を倒したといわれる場所でもある。現在は地表上に当時の遺構を復元、整備されている。

引用元:伝 飛鳥板蓋宮跡 – 飛鳥散策スポット

現在の明日香村は飛鳥京と呼ばれることもあり、飛鳥時代の中心地だったそうです。学術的には飛鳥京というのはイマイチなようですが。
まぁ、それはさておき、この地がかつての古代の日本の中心だったことには変わりはないです。

いざ、飛鳥板葺野宮跡へ

DSC_4015 DSC_4013 DSC_4014 DSC_4016

今や平和な光景が広がっております。

645年6月飛鳥板葺宮において、高句麗・百済・新羅の三国からの貢物を献上する儀式の最中に中大兄皇子と中臣鎌足らが蘇我入鹿の首をはねて殺害。その知らせを聞いた父の蝦夷(えみし)も自宅に火を放ち自害し、蘇我宗家はここに滅んだわけです。

DSC_4017

歴史の教科書で知るあの出来事の舞台に今自分が立っているのかと思うと感慨深いです。

さすがにここではねられた首が飛鳥寺の方まで飛ぶことは考えにくいですが…それくらいの出来事だったということなのでしょう。

DSC_4018

この地で激しく歴史が動いた…。

そう感じる歴史好きにはたまらない場所です。

 

飛鳥板葺野宮後

所在地:奈良県高市郡明日香村岡

 

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【平清盛が行った日宋貿易の要!出土した石椋から大和田泊を思ふ】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。