かつては陰陽師の鎮守の祭壇所!ならまちを守る鎮宅霊符神社

今回も「ならまち」の中のある神社をご紹介します。
なかなか面白いところです。

ならまちの中で静かに存在する神社。それがこちら。

「鎮宅霊符神社」です。

DSC_7055
まわりにとけ込み過ぎてあまり目立っていないような印象でした。

鎮宅霊符神社とは!?

御祭神  天之御中主神

不動の天帝 北極星の心霊であろうとされている。
宇宙創造神 又、神仏習合説 妙見信仰の神
天下泰平 国家安穏 五穀豊穣 災禍除き福運を呼ぶ 家、
屋敷の安全を守る神

当社「御札」は、産土神 御霊神社社務所にて 授与いたしております

-境内案内板より-

「天之御中主神」とはあまり聞きなれないかもしれませんね。

天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)は、日本神話の神。天地開闢に関わった五柱の別天津神(ことあまつかみ)の一柱。
『古事記』では、天地開闢の際に高天原に最初に出現した神であるとしている(『日本書紀』では国之常立神 が初めての神)。その後高御産巣日神、神産巣日神が現れ、すぐに姿を隠したとしている。この三柱の神を造化三神といい、性別のない「独神」(ひとりがみ)という。

引用元:Wikipedia「天之御中主神」

天之御中主神は『古事記』で最初に高天原に現れたとされる神様。
国家安穏、五穀豊穣、家屋敷の安全を守るとされています。

いざ、鎮宅霊符神社へ

DSC_7056 DSC_7062

この神社、創建は1117年。陰陽師の鎮守の祭壇所だったそうです。
そして、この辺りに陰陽師が住んでいたことから、この周囲の所在地は「陰陽(いんよう)町」と呼ばれています。

DSC_7059 DSC_7061 DSC_7060 chintakureifujinja

本殿背後の祠
「本命主宰九宮尊星」「抱卦童子爾卦童郎」「北辰鎮宅霊符尊星」と書かれた札がありました。

狛犬さまにご注目!

実はこの神社の面白いところがこちらの狛犬様。
さっそくご覧いただきましょう!

DSC_7058 DSC_7057

なんと見事なまでの口角の上がりっぷり!
なんて素敵なスマイル!!

いくつのもの神社を訪ね歩いていますがこれだけの素晴らしい笑顔の狛犬さまは初めてです。
ならまちにお越しの方は観光でいらしている方が多いと思います。
確かにならまちには観光名所も多いですがこちらの狛犬も押さえておきたいところかと思います。
是非、興味がわいた方はお立ち寄りください。

鎮宅霊符神社

所在地:奈良県奈良市陰陽町5
駐車場:なし

合わせてチェック!
 
 
 
 by 

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。
休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。