石像のテーマパーク!壺阪寺改め南法華寺

憧れの天河神社からの帰り道。こちらにも立ち寄ってみました。
「立派なお寺」と聞くこともあれば「B級スポット並みにカオスだ」とも言われているようです。

壺阪寺

とっても破壊力抜群の壺阪寺のお話です。

壺阪寺とは!?

 南法華寺(みなみほっけじ)は、奈良県高市郡高取町にある真言宗系の単立寺院。山号は壺阪山。一般には壺阪寺(つぼさかでら)の通称で知られる。703年(大宝3年)創建と伝え、西国三十三所第六番札所。
本尊十一面観音は眼病に霊験があるといわれ、お里・沢市の夫婦愛をうたった人形浄瑠璃『壺坂霊験記』の舞台としても有名。園内には養護盲老人ホーム慈母園がある。
先代住職のインドでの救ライ事業への尽力に対する返礼として贈られた「天竺渡来大観音像」は、大理石造り、高さ約20m、総重量1200トンの壮大なもの。その他、インド渡来のものとしては、石像大仏伝図、天竺渡来大石堂がある。
草創については不明な点が多いが、伝承によれば大宝3年(703年)に元興寺の弁基上人により開かれたとされる。京都の清水寺の北法華寺に対し南法華寺といい、長谷寺とともに古くから観音霊場として栄えた。

引用元:Wikipedia「南法華寺」

 

すごい。京都の清水寺に対して奈良の壺阪寺。ちょっと期待しちゃいますね。

いざ、壺阪寺へ

DSC_3654

大講堂。

本尊 弘法大師像(鎌倉時代)

DSC_3656 DSC_3659

めっちゃ広いです。500人は入るとか。

DSC_3660 DSC_3661

仁王門

DSC_3662 DSC_3663

かっこいい仁王様がお出迎えです。

DSC_3664

こちらが仁王さんの下駄。めっちゃでかいです。

DSC_3665

こちら、壺阪寺の本尊十一面千住千里眼観音様は眼病封じということです。

DSC_3666 DSC_3667

写真左の灌頂堂へ。

DSC_3670

本尊 十一面千手観音菩薩(室町時代) 豊臣秀長公像(右)・本多俊政公像安置(左)(安土・桃山時代)

DSC_3671 DSC_3682

なんだこれ!めっちゃでかい!!

DSC_3677 DSC_3678 DSC_3679

壺坂大仏(上)、千手観音(中)、普賢菩薩(右)、文殊菩薩(左)

DSC_3685

もはや石像のオンパレード。
これだけ立派な千手観音ですら順路にしれっとおられます。
十分立派だと思うのですが。

DSC_3691

禮堂

DSC_3693

三重塔。大変立派です。

そして本堂である八角円堂へ。

DSC_3696 DSC_3698

この現在の八角円堂は江戸時代の再建ということらしいです。

今までの記事での奈良県内のお寺では八角堂というものをちょいちょい見てきました。
以前取り扱ったところでは「法隆寺東院夢殿」とか。
まだ記事化してはいませんんが興福寺北円堂・南円堂などがあります。

そんな中、「壷阪寺の本堂は日本で初めて建立された八角堂ではないか」という説も実しやかに出ているらしいです。

すごい!壺阪寺が八角堂のパイオニアの可能性も!
そんな八角堂を堪能すべく時計回りに回ります。

DSC_3699 DSC_3700 DSC_3702 DSC_3705 DSC_3707

くるっと一周。360度楽しめる素晴らしい造りです。
現代ではPC,スマホと眼を酷使する時代となりました。
眼の疲れ、眼病でお悩みの方は一度この壺阪寺に訪れてみてはいかがでしょうか?

ここまででも数々の石像やりっぱな建築物として満足なのですがこれでは終わりません。
昭和三十九年より始まったインドでのハンセン病患者救済活動のご縁からさらにまだまだお宝がこの寺には眠っています。

後半へ続く。

奈良県にインド!?これがインドとの友情の証、壺阪寺

2015.04.24
告知!

旅行サイト「たびねす」さんにも記事をリライトして寄稿しています。
お時間があれば是非、こちらもご一読ください。よろしくお願いします!

LINK 巨大!?な仏像がひしめき合う奈良「壺阪寺(南法華寺)」

壺阪寺

所在地:奈良県高市郡高取町壺阪3
電話:0744-52-2016
駐車場:第一駐車場33台(大型4台/普通車30台) 第二駐車場53台(大型6台/普通車50台)
駐車料金:(1日料金) 普通車:500円/バス:2,000円/自動二輪:200円
HP:http://www.tsubosaka1300.or.jp/index.html

 

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【平清盛が行った日宋貿易の要!出土した石椋から大和田泊を思ふ】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。