ヤマタノオロチと須佐之男命の戦いを再現した八岐大蛇公園

 

こんばんは。日本神話も大好きなmasayan(@masayan382)です。

前回の稲田神社でヤマタノオロチ退治の神話に少し触れました。けっこう有名な話で古事記や日本書紀を知らなくても、ゲームや漫画、アニメなどで登場したりモチーフになっていたりしてすぐに思い浮かぶ方も多いかと思います。

fantasy_yamata2-min.jpg

ヤマタノオロチとは8つの頭と8本の尾を持った巨大な怪物のこと。

そんな、ヤマタノオロチと須佐之男命の対決が描かれている公園があると聞いた私は迷わず立ち寄ることにしました。

今回は少し、写真で遊ぶ感じですかね。

DSC_1190-compressor.jpg

ここが、マニアにはたまらない公園。

そう、「八岐大蛇公園」なのです!!

八岐大蛇公園とは!?

須佐之男命は高天原から鳥上の峯に天降ったあと、斐伊川の上流から箸が流れてくるのを見つけ、川上に人が住んでいることを悟ったといわれています。川上へ進むとヤマタノオロチに苦しむテナズチ、アシナズチ、そしてクシナダヒメと出合います。

その「ヤマタノオロチ退治伝説」の始まりとなる「箸」を見つけ、拾った場所がこの「木次町新市」の地であったと伝えられています。

そして現在では公園内にスサノオノミコトとヤマタノオロチが対決した場面を再現した石像と、「箸拾いの碑」が建立されています。

公園自体はすごく小規模。遊具とかあるわけではありません。あるのはこちらです。

ヤマタノオロチの像

DSC_1191-compressor.jpg

ヤマタノオロチ〜!

DSC_1194-compressor.jpg

こいつはなかなかの迫力です。

DSC_1199-compressor.jpg

すごく素敵な仕上がりだ。

DSC_1200-compressor.jpg

実はヤマタノオロチといえば、やはり8つの頭と8本の尾を持った巨大な怪物なのですが…。残念ながら頭1つだけです。

しかし、それで十分なくらいの恐ろしいまでの迫力。

須佐之男命の像

DSC_1206-compressor.jpg

…わりと普通。現在風の美化され過ぎを懸念しておりましたが、いたって普通。神様ですがすごく人間ぽく仕上がっています。

手にした剣がヤマタノオロチを退治する「十握剣(とつかのつるぎ)」なのでしょう。

DSC_1222-compressor.jpg

この対決感いいですね。絵になります。

DSC_1234-compressor.jpg

なかなかの緊張感が生まれています。

DSC_1237-compressor.jpg

酒に酔わせてでもしないと勝てそうにないくらいの怪物、ヤマタノオロチ。そりゃ、神様だって弱ったところを狙うという戦術を選ばざるを得なかったのでしょう。納得です。

DSC_1251-compressor.jpg

そうです。この公園にあるのはこれだけ。

DSC_1245-compressor.jpg

バッシバシ何十分も写真を撮りまくる私を不審人物だと思った近隣の方、すみません。
めちゃめちゃ楽しい時間を過ごさせていただきました。

せっかく出雲で神話巡りを楽しむなら、こういうところも是非チェックしていただきたいなと思うmasayan(@masayan382)でした。

八岐大蛇公園

所在地:島根県雲南市木次町新市3

合わせてチェック!
 
 
 by masayan

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【武蔵一宮氷川神社のルーツはここ!?八本杉のすぐ近くにある斐伊神社】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayan厳選の【オススメの〇〇記事三選シリーズ】をご用意してます。お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。