三峯神社は「狼」が守護するパワースポットを超えた聖地!

寺社巡りが趣味のmasayan(@masayan382)です。

今まで関西圏に住んでいたこともあり、西日本特に関西の寺社巡りを精力的に行ってきたわけですが、この度故郷の埼玉県に戻ることになりました。

ということで、ここからは関東圏の寺社巡りなんかをしていきます。

今回は埼玉県屈指のパワースポットをご紹介します。

DSC_9097-min.jpg

最近ではメディア露出もぐんと増えた埼玉県の秩父にある「三峯神社」です。

山奥にあることも手伝いすごく雰囲気のいい神社でした。

では、参りましょう。

 

三峯神社とは!?

DSC_9105-min.jpg

社伝によれば、景行天皇の時、日本武尊が東征中、碓氷峠に向かう途中に現在の三峯神社のある山に登って伊弉諾尊・伊弉册尊の国造りを偲んで創建したという。景行天皇の東国巡行の際、天皇は社地を囲む白岩山・妙法ヶ岳・雲取山の三山を賞でて「三峯宮」の社号を授けたと伝える。伊豆国に流罪になった役小角が三峰山で修業をし、空海が観音像を安置したと縁起には伝えられる。

引用元: Wikipedia「三峯神社」

ヤマトタケルに景行天皇、役小角に空海と錚々たるメンバーが絡む神社です。

既にこの時点で格が高そうです。

↑よろしければ合わせて御覧ください。

いざ、三峯神社へ

DSC_9106-min.jpg

白く巨大な美しい鳥居が待ち構えています。

そして、この鳥居の形にご注目!

三ツ鳥居/三輪鳥居とも言われる珍しい形のものです。

うちのブログでは奈良県の「大神神社」とその摂社の「檜原神社」で登場してます。

 

DSC_9109-min.jpg

そしてさらにご注目なのがこちら鳥居の左右に設置されている像です。

DSC_9107-min.jpg

神社を守るものとして狛犬さんが非常に有名かと思いますが三峯神社は違います。

三峯神社では、狼が眷属(神のお使い)なのです。

そのため「狼」を守護神とし、狛犬の代わりに神社各所に狼の像が鎮座しされています。

これは全国でも珍しいそうなので是非素通りせずチェックしたいところです。

DSC_9113-min.jpg

さ、三峯神社を目指し、鳥居を抜け進みます。

随身門へ

DSC_9122-min.jpg

三ツ鳥居をくぐって200mくらい進んで左に曲がると見えてくるのは「随身門」です。

DSC_9126-min.jpg

大変に豪華な造りです。

DSC_9127-min.jpg

色鮮やかなのはひと目でわかりますが、金色の龍がその絢爛さを演出します。

DSC_9134-min.jpg

門をくぐりさらに進みます。石段を登り、両側の石灯籠の中に狼像が鎮座されています。

ようやくここで拝殿が見えてきました。

山奥の高いところにあるせいか、空気が澄んでいるように感じます。緑が心を落ち着かせます。

長い参道を歩いてきたことで心臓が少し高鳴ります。

ようやく拝殿が見えてきた。高揚感が抑えられません。参りましょう。

ようやく三峯神社へ到着

DSC_9142-min.jpg

さらにまた石段を上がります。

 

豪華な手水舎

DSC_9147-min.jpg

ここまで豪華な手水舎を見たことがありません。すごい!

DSC_9163-min.jpg

もうね、柱からはみ出さんとするくらいの勢いのある龍。すごいです。

青銅鳥居

DSC_9146-min.jpg

両手と口を清めたあとはこちらの「青銅鳥居」が待ち構えています。

大変に迫力のある重厚感。

DSC_9166-min.jpg

「国家安穏」の文字と…。

DSC_9165-min.jpg

「天下泰平」の文字が掲げられています。

DSC_9169-min.jpg

ちなみに鳥居のてっぺんの「三峯神社」の文字には金色の龍が囲んでいます。

ここまで迫力のある鳥居は当ブログにおいてはトップくらすかも…。鳥居好きとしてはまじまじと見つめてしまいました。

↑には京都の「日本一の黒木鳥居」がありますが、それはとは違う良さがありました。

御神木

DSC_9152-min.jpg

神社境内は、古木に囲まれ霊気・神気に満ち溢れています。

武将畑山重忠公が奉献したと伝わる、樹齢八〇〇年と推定される御神木です。
DSC_9158-min.jpg

このご神木から気がいただけるそうです。

DSC_9162-min.jpg

↑あやかろうと多くの人がなでたであろう部分ですかね。

三峯神社・拝殿へ

DSC_9171-min.jpg

さらに石段を上がります。

DSC_9175-min.jpg

目に入るのはそれはまだ手水舎以上に豪華絢爛な拝殿です。

DSC_9180-min.jpg

色鮮やか!もはや眩しいくらいです!

DSC_9179-min.jpg

三峯神社の拝殿は1800年に建立。拝殿奥にある本殿は、寛文元年(1661)に建立されました。

御祭神は「伊弉諾尊」と「伊弉册尊」です。

DSC_9184-min.jpg

この豪華に彩られた社殿に彫られた龍のような生き物は、蜃気楼を出して人々に幻を見せるという【蜃(しん)】という伝説の生き物のを表しています。

それは、ここが神界と現実世界が交わる場所であることを意味しているそうです。

DSC_9182-min.jpg

確かにこの凄みは神の世界との間と言ってもいいくらいです。

標高1,100mという高い場所にある三峯神社はある意味、「天界」に近いのかもしれませんね。

三峯神社に「龍」現る

DSC_9185-min.jpg

「平成24年、この下の敷石にその年の干支である「龍」が現れました」とのこと。

DSC_9187-min.jpg

↑おわかりいただけますか?口先が異常伸びた影…。龍に見えなくも…ない?

見え方は人それぞれだと思うので是非参拝された際にその目で確認してください。

三峯神社を有名にさせたのは「白」い「氣守」

DSC_9194-min.jpg

「氣守」には三峯神社の境内にある「ご神木」が入っており、身につけておくことで、1年間、常に「ご神木」から気力を分けてもらえるそうです。

この白い「氣守」は月初めのみ、特別頒布しています。2013年7月、同年に元フィギュアスケート選手の浅田真央さんの姉・舞さんがテレビ番組の取材で同神社を訪れ、「妹の分も」と手にしたことで、広く知られるようになりました。

LINK こんなにすごいとは…人気の三峯神社「白い氣守」求め大渋滞 経済効果の一方、苦情相次ぎ悩む関係者

↑すごい人気すぎて大変なことにもなっているようです。

ももいろクローバーZも来山

DSC_9195-min.jpg

「桃神祭」のオープニング映像・エンディング映像の撮影もこちら三峯神社で行われました。これがまた知名度アップにもつながっています。

おわりに

DSC_9193-min.jpg

見どころたくさん!山奥にあることも手伝い、神聖さ、厳かさは異常なくらい強い神社でした。パワースポットなんて言葉を超えたまさに埼玉県の「聖地」とも言えます。

実はこの三峯神社はまだまだ見どころが控えています。今回はだいぶ長くなってしまったので前編、後編で分けます。

ということで次回は「後編」で残りの見どころをご紹介させていただきます。

三峯神社

所在地:埼玉県秩父市三峰298-1
電話:0494-55-0241
駐車場:あり
HP:http://www.mitsuminejinja.or.jp/index.htm

 

合わせてチェック!
 
 by masayan

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【調(ツキ)神社でツキを呼び込め!狛兎が非常に可愛い浦和の古社】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayan厳選の【オススメの〇〇記事三選シリーズ】をご用意してます。お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。