月讀宮の参拝順は要チェック!月讀尊を祀る伊勢の皇大神宮・別宮

 

まだまだmasayanのお伊勢参りシリーズは続きます。

前回の倭姫宮の次に向かうのがこちらです。

dsc_8537_28370022111_o-min.jpg

【皇大神宮別宮・月讀宮(つきよみのみや)】です。

ちなみに以前の記事にあるこちらの神社とは別物なので混同しないようにご注意を。

 
 

月讀宮(つきよみのみや)とは!?

月讀宮は外宮(豊受大神宮)から約3.8km、内宮から約1.8kmの五十鈴川中流域の中村町にある内宮別宮である。祭神は月讀尊(つきよみのみこと)。「つきよみさん」とも呼ばれるが、同じく「つきよみさん」と呼ばれる外宮別宮の月夜見宮の祭神「月夜見尊」は本別宮と同じ神とされている。

引用元:Wikipedia「月讀宮」

「つきよみさん」の呼び名には愛着が生まれそうな感じです。

いざ、月讀宮へ

dsc_8540_27832517553_o-min.jpg

まだキレイな鳥居をくぐり進みます。

dsc_8541_28370021971_o-min.jpg

駐車場に車を置いて進むと先に見えてきたのが内宮末社の葭原神社(あしはらじんじゃ)です。

御祭神は「佐佐津比古命(ささつひこのみこと)」・「宇加乃御玉御祖命(うかのみたまのみおやのみこと)」・「伊加利比売命(いかりひめのみこと)」です。

田畑を守護する五穀の神様とされています。

そしてさらに突き進み見えてきたのが拝殿です。

月讀宮の参拝順にご注意を!

dsc_8544_28370021841_o-min.jpg

ここは4つ、社が並ぶ形になっております。

↑にあるように参拝する順番がありますので、参拝する前にチェックしましょう!

改めて、お参り順について

①月讀宮

dsc_8547_28370021741_o-min.jpg

御祭神は月讀尊です。

②月讀荒御魂宮

dsc_8553_28370021321_o-min.jpg

御祭神は月讀尊荒御魂です。

③伊佐奈岐宮

dsc_8552_27832516743_o-min.jpg

御祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)。

④伊佐奈弥宮

dsc_8554_27832516873_o-min.jpg

御祭神は伊弉冉尊(いざなみのみこと)。

月讀宮」→「月讀荒御魂宮」→「伊佐奈岐宮」→「伊佐奈弥宮」の順が正しいのでご注意ください!

社の作りが皆おなじであり、見分けにくいところですが、ちゃんと社の名前が書いてある立て札がありますので参拝するまに一つ一つ確認しましょう。

おわりに

ささっとまとめてしまいましたが、実はすごくおすすめの神社です。

これは個人的な好みもあるのですが、masayanは静かに神社を見てまわりたいタイプです。

ですので月讀宮のように参拝客も少なく、そして静かに美しく、参拝客を受け入れてくれるような居心地のいい神社は素晴らしかったです。

ここは特に月讀尊だけでなく、伊弉諾尊と伊弉冉尊にも参拝できるところがいいですね。

内宮には祀られていなかったですし。

古事記・日本書紀、日本神話を知っているとより楽しめます。

 

月讀宮

所在地:三重県伊勢市中村町742-1
駐車場:あり
HP:http://www.isejingu.or.jp/about/naiku/tsukiyomi.html

合わせてチェック!
 
 by masayan

\masayanをフォローする/   Twitter  

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【ナイスカットGからコーヒーは始まる!カリタが贈る家庭用電動ミル】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 

masayan
当ブログを運営しているMasayanが丹精込めて選んだ「厳選記事3選シリーズ」も是非ご覧いただければ幸いです!
 

コメントはお気軽にどうぞ!

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。