石田三成が水攻め!忍城を囲んだ堤が今も残る石田堤史跡公園

沼田城の帰り道、せっかくなので寄り道をしました。
石田三成が忍城を落とすべく周りを堤で囲み、水攻めを行いました。
その堤が一部残っており、石田堤として保存されているとのこと。
それがこちら。

石田堤史跡公園】です。

DSC_2496

石田堤とは!?

天正18年(1590年)の関東平定において、忍城城主・成田氏長は小田原城に籠城し、残った士卒・兵・地元農民ら3000が忍城に立て籠った。攻城の総大将に任じられた石田三成は力攻めを行ったが、周囲は沼や深田という足場の悪さにも守られ、城攻めは遅々として進まなかった。そのため、三成は忍城を望むことができる丸墓山(現・丸墓山古墳)の頂きに本陣を構え、水攻めを発案し、忍城周囲に総延長28kmにも及ぶ堤を築いた。
総延長28kmに及ぶ堤をわずか1週間で作り上げたと言われるが、実際には自然堤防や微高地を巧みに繋ぎ合わせたものと思われる。堤が完成した後、利根川・荒川の水を引き入れたが、城にはあまり水が溜まらなかった。
その後、増水したため、堤が決壊して石田方に多数の溺死者が出て、水攻めは失敗に終わった。

引用元:Wikipedia「石田堤」

大河ドラマ「真田丸」においても石田三成さんが水攻めをしてもなかなか思うように囲めなかったシーンが描かれています。忍城の水攻めが描かれている「のぼうの城」でも注目を集めていました。

いざ、石田堤史跡公園へ

DSC_2497

新幹線の高架下挟んで公園があります。

DSC_2498 DSC_2499 DSC_2500

↑豊臣秀吉朱印状

DSC_2501

↑榊原康政の書状

DSC_2502 DSC_2503

米俵も再現されています。

DSC_2504 DSC_2505 DSC_2506

↑当時の様子をイラストで紹介されています。
やはり、堤を築いても決壊し水攻めが完成できなかったそうです。
このあたりが黒田官兵衛との違いなんですかね。
三成さん残念です。

実際の堤をチェック!

DSC_2507 DSC_2509

↑これが実際の堤。

DSC_2510

これを当時の人たちは一所懸命に作ったんですねぇ。
すごいなぁ、戦国って。

DSC_2512

↑こちらが断面図。中も見学できるような施設となっています。
…が、本日は中には入れなかったので外観のみ。

DSC_2515

新幹線の高架を超えて公園の反対側へ移動。

DSC_2517

この辺はもう普通の公園ですね。

DSC_2519

小田原征伐のときの説明看板がありました。

DSC_2514

既に夕刻となってしまい、忍城には足を運べませんでした。
忍城はまたの機会ですね。

石田堤史跡公園

所在地: 埼玉県鴻巣市袋字台326−1

合わせてチェック!
 
 
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【心が燃え尽きた看護師が自分探しの旅の果てに見つけた答え】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。