椋神社は日本武尊が創建した神社であり龍勢が打ち上がる聖地だ

まだまだ、アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の聖地とされる埼玉県の秩父にある聖地は尽きません。

今回訪れるのは作中で登場した印象にも強かった「龍勢」に関連する場所です。

作中で登場したことにもあり、知名度アップとともに多くの人々が訪れるようになりました。

DSC_0528-min.jpg

椋神社(むくじんじゃ)」です。

では、さっそく参りましょう。

 
 

椋神社とは!?

旧社格は県社。元は井椋(いくら)五所大明神と号しており「いくらじんじゃ」が本来の呼称である。近世になり地元以外から「むくじんじゃ」と読まれることが多くなり現在の呼称になったという。例祭の際に龍勢を打ち上げる龍勢祭りは有名である。

引用元:Wikipedia「椋神社」

ということです。

実はこの埼玉県秩父市の椋神社には同名社が秩父郡市内に5社あります。明治政府はいずれの神社にも式内社と称することを許したからだそうです。

今回はその椋神社の中の下吉田にある神社の方を参拝します。

いざ、椋神社(下吉田)へ

DSC_0530-min.jpg

出迎えてくれるのがこちらの…狛犬さん…?

DSC_0529-min.jpg

どちらかというと、狼のようなタイプです。

DSC_0534-min.jpg

さっそく見えてくるのが拝殿・御本殿です。

眩しい朱色に重厚感のある瓦が特徴的です。

DSC_0544-min.jpg

注連縄の上には狛犬?柱の隣には貘でしょうか?なかなか迫力のある造りです。

DSC_0548-min.jpg

御祭神は猿田彦大神、武甕槌命、 經津主命、 天兒屋根命、 比賣神です。

社伝によると、景行天皇の時代、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東夷征伐のおり、甲斐国酒折宮から武蔵国諸郡を経て当地を通りがかった際のこと。

霧が深くて進めなくなってしまいました。そこで、軍神である事勝長狭神(猿田彦大神)に神慮を請い、鉾を立てたところ、光を放って飛翔し、井泉の椋の木の下に止まった地点に老翁が現れました。

その老翁が、日本武尊を導いてくれました。

その後、日本武尊が、大神に感謝して祠を建て、祀ったのが椋神社の始まりだそうです。

秩父には大峯神社がありますがそことも繋がる話です。どうりで狛犬が狼風なのか納得できました。

なぜ大峯神社の狛犬が狼なのかはこちらの記事でまとめていますのでよろしければ合わせてご覧ください。

隣には八幡宮

DSC_0549-min.jpg

椋神社の拝殿の向かって右側に鎮座しているのが、「八幡神社」旧本殿です。

DSC_0552-min.jpg

鎌倉時代初期の武将・畠山重忠公が1180年に鶴窪八幡宮(つるがくぼはちまんぐう)を祀ったのが始まりとされている神社です。

DSC_0551-min.jpg

細かい美しい仕上がりは当時の宮大工さんの技術の高さとこの社の格式の高さを伺えますね。
素晴らしい造りにうっとりです。

そして、境内社はこちら。

DSC_0546-min.jpg

左から神明神社・琴平神社・諏訪神社。

DSC_0539-min.jpg

左から稲荷神社・菅原神社・白鳥神社。

他にも境内社はいくつかあったのですが、写真を撮りそこねてしまったので割愛させていただきます。

さぁ、ここでようやく肝心なものに着手します

龍勢祭り

DSC_0533-min.jpg

龍勢祭り(りゅうせいまつり)は、埼玉県秩父市下吉田にある椋神社の例大祭で行われる国の重要無形民俗文化財に指定されている祭礼である。毎年10月の第二日曜日に実施される。27の流派があり、毎年三十数本の龍勢(火薬を仕掛けた龍)を轟音とともに天高く打ち上げるものである。上がった龍勢は、発煙等の仕掛けを展開する事もある他、パラシュート状の物体を内包することもある。この祭りで奉納する龍勢は各流派の手作りで作成される。通称農民ロケットとも呼ばれている。

引用元:Wikipedia「龍勢祭り」

ちなみにこの龍勢、打ち上げられたロケットがまるで龍の如き勢いであったことから、龍勢と呼ばれるようになったという説があるそうです。

なお、2018年3月8日、「秩父吉田の龍勢」として正式に国の重要無形民俗文化財に指定されています。

DSC_0531-min.jpg

椋神社の境内には龍勢が掲示されています。

DSC_0532-min.jpg

これがなかなかにでかい!実際に飛ぶところを見てみたいです。

DSC_0527-min.jpg

これがポスター。通称・農民ロケットの名は伊達じゃない!って感じですね。

DSC_0555-min.jpg

そして発射台が神社からも見えました。

DSC_0558-min.jpg

あれは…アニメ「あの花」の光景そのままじゃないか!

すごい忠実な作画なんだなぁ~と感動さえしてしまいそうだ。

DSC_0565-min.jpg

そして、神社から歩いて発射台へ到着。

その高さは見上げる首に負担をけるほどの高さでした。

アニメでの知名度アップだけでなく、今年2018年に「国の重要無形民俗文化財」にも指定された以上、注目度はさらにアップしていることは間違いないです。

実際にこの目で見てみたいものです。

是非、埼玉の秩父に行こうとお考えの方は是非チェックしてみてくださいね!

LINK 龍勢まつり

椋神社

所在地:埼玉県 秩父市 下吉田 7377
電話:0494-77-1293
駐車場:あり

合わせてチェック!
 
   
 by masayan

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【サプリで薬剤性肝障害!~健康になるはずのサプリメントの落とし穴~】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayan厳選の【オススメの〇〇記事三選シリーズ】をご用意してます。お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。