天岩戸をこの地まで投げ飛ばした天手力雄命を勧請!戸隠神社・奥社

ようやく来ることができました。
日本屈指のパワースポット。その名も「戸隠神社・奥社」です。

DSC_0034

戸隠神社・奥社とは!?

一説には現在の奥社の創建が孝元天皇5年(紀元前210年)とも言われるが、縁起によれば飯縄山に登った「学問」という僧が発見した奥社の地で最初に修験を始めたのが嘉祥2年(849年)とされている。
また日本書紀の天武紀には684年三野王(美努王)を信濃に派遣し地図を作らせ、翌685年に朝臣3人を派遣して仮の宮を造らせたとある。
そして書紀には持統天皇が691年に使者を遣わし、信濃の国の須波、水内などの神を祭らせたとされていて、この水内の神が戸隠神社とする説もある。

引用元:Wikipedia「戸隠神社」

 

 

奥社(おくしゃ):祭神は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)で、天照大神が隠れた天岩戸をこじ開けた大力の神。神話では天手力雄命が投げ飛ばした天岩戸が現在の戸隠山であるとされる。

引用元:Wikipedia「戸隠神社」

記紀においても有名な」天岩戸」の話。どこのどれが天岩戸かはわかりませんが、天手力雄命の投げ飛ばしたものがここまで飛んできたことが戸隠神社の元のようです。
天岩戸と言えば宮崎の天岩戸神社も有名ですね。

DSC_0036

いざ、戸隠神社・奥社へ

DSC_0038

聖域との境目である鳥居。この威風堂々たる存在感。
ここから先がどれだけすごいのかを物語っています。

DSC_0042

実はこの参道がすごく長いです。

DSC_0046

この美しき自然。この景色がものすごく目の保養になります。

DSC_0047

そしてこの戸隠神社の有名なものとしてこの美しく、かつ背の高い杉並木です。

DSC_0049

あぁ、なんと美しいんだこの杉並木。

DSC_0051 DSC_0056

ここは以前、女優の吉永小百合さんがJRのCMでもロケ地として使われたそうです。

DSC_0098

随神門。ようやくここが中間地点です。
なんと長い参道なのでしょう。いや、考え方ですね。まだまだ戸隠神社の奥社を楽しめるというもの。

DSC_0057

歩を進めます。

DSC_0081

 

DSC_0083 DSC_0091

あぁ、なんと美しい風景なのか。心が洗われます。

ようやく到着!

DSC_0058 DSC_0060

狛犬さんも他ではあまり見ない躍動的な感じです。

DSC_0062

九頭龍社。

DSC_0063

祭神:九頭龍大神

九頭龍社(くずりゅうしゃ):祭神は九頭龍大神。奥社のすぐ下にあり境内社のようになっているが創建は奥社より古くその時期は明らかでない。地主神として崇められている。戸隠山には「戸隠三十三窟」といわれる洞窟が点在し、その「龍窟」にあたる。本殿から本殿右手上の磐座の上まで廊下が続いており、そこが「龍窟」となる。古くは雨乞い、縁結びの他、虫歯・歯痛にご利益があると言われていた。氏子の人によると戸隠の九頭龍大神は梨が好物だそうである。

引用元:Wikipedia「戸隠神社」

 

縁結びから歯痛まで御利益があるとは!梨が好きというところも可愛いですね。ギャップってやつですかね。

DSC_0067 DSC_0068

そしてお隣にあるのが目当ての奥社。

DSC_0070

記紀でも有名な天手力雄命です。彼がいなければ天照大神は岩戸に隠れたままだったかもしれませんね。

DSC_0072

参道の美しさ、杉並木の迫力に圧倒され、社殿ではその歴史深さに包まれる素晴らしい神社でした。
戸隠神社また参拝したいです。
それにしてもここまで天岩戸を投げ飛ばしたとは…。天手力雄命は凄いです。

 

戸隠神社・奥社

所在地: 長野県長野市戸隠3690
電話:026-254-2014
駐車場:あり
HP:http://www.togakushi-jinja.jp/index.html

 

合わせてチェック!
 
 
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【救命センターに勤めて燃え尽き症候群になった看護師の話】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。