女性のためのパワースポット!戸隠神社・宝光社

続いて向かったのはこちら。
「戸隠神社・宝光社」です。
中社から車で少々移動します。

DSC_0012

戸隠神社・宝光社とは!?

宝光社(ほうこうしゃ):現在地への鎮座は康平元年(1058年)、天暦3年(949年)に奥社の相殿として創建されたものである。祭神は天表春命(あめのうわはるのみこと)で、中社の祭神である天八意思兼命の子。学問や技芸、裁縫、安産や婦女子の神とされる。麓から登ってきて最初にあり、うっそうとした杉木立の階段を上って参拝する。旧宝光院。

引用元:Wikipedia「戸隠神社」

前回の中社の御祭神・天八意思兼命の子である天表春命(あめのうわはるのみこと)が御祭神という繋がり。
これはやっぱりセットで参拝したいところですね。

いざ、戸隠神社・宝光社へ

DSC_0014

では駐車場に車を置いて進みます。

DSC_0016 DSC_0017

こちらは「女性の守り神」として有名です。

DSC_0018 DSC_0020

女性の守り神として有名であれば女性の参拝客が多いことでしょう。
残念ながら女性にはつらい石段です。…男性でも辛い人もいるかもしれませんが。
噂によると274段とか。

DSC_0024

俺が参拝した約5年前。中社とどうように工事中でした。
今では綺麗に仕上がっているんでしょうねきっと。

DSC_0025 DSC_0026

こちらが噂の「女性のためのお守り」ですね。

DSC_0027

それにしても綺麗な木々に囲まれています。
あぁ、なんと清々しいんでしょう。都会の喧騒を忘れさせてくれます。

DSC_0029 DSC_0033

では、次へむかいます。

 

戸隠神社・中社

所在地: 長野県長野市戸隠宝光社2110
電話:026-254-2012
駐車場:あり
HP:http://www.togakushi-jinja.jp/index.html

 

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【東大寺、奈良の大仏を建立した聖武天皇が眠る聖武天皇陵へ】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。