幕末に暗躍していた謎めく人物トーマス・ブレーク・グラバー

亀山社中をあとにして向かいます。
おぉ~これが有名な路面電車!素敵ですね!!
さっそく乗り継いで進みます。

DSC_0303 DSC_0308 DSC_0309

グラバー園!これぞ狙っていた場所なのです!

グラバー園とは!?

 グラバー園(グラバーえん)は、長崎県長崎市南山手町にある観光施設。安政6年(1859年)の長崎開港後に長崎に来住したイギリス人商人グラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築している。

引用元:Wikipedia「グラバー園」

要はグラバーさん家ってことです。

トーマス・ブレーク・グラバーとは!?

トーマス・ブレーク・グラバー(英: Thomas Blake Glover、1838年6月6日 – 1911年12月16日)はスコットランド出身の商人。武器商人として幕末の日本で活躍した。日本で商業鉄道が開始されるよりも前に蒸気機関車の試走を行い、長崎に西洋式ドックを建設し造船の街としての礎を築くなど日本の近代化に大きな役割を果たした。維新後も日本に留まり、高島炭鉱の経営を行った。造船、採炭、製茶貿易業を通して、日本の近代化に貢献。国産ビールの育ての親。

引用元:Wikipedia「トーマス・ブレーク・グラバー 」

 

このグラバーさん実はすんごい方で、あの坂本龍馬さんと貿易をされていた方なのです。
そう、先日訪れた日本初の貿易会社・「亀山社中」はイギリスの武器商人・グラバーと取引を行っていたのです。

今ではそんなグラバーさんの邸宅が観光地となるとは…。

いざ、グラバー園へ!

DSC_0310 DSC_0311 DSC_0314 DSC_0317

さっすが武器商人。大砲くらいあるもんなんですね。

DSC_0327 DSC_0318

亀の池。
なんと作り物の亀の上に亀という見事なまでのシャッターチャンス!

DSC_0325

おかげでええもん撮れました!

DSC_0332 DSC_0338 DSC_0328 DSC_0348

大変に立派なお屋敷ですが、この屋敷には秘密があります。
まぁ、公になってしまっているので秘密でもないのですが。

DSC_0351 DSC_0354

そう、この屋根裏部屋で幕末の志士達が密会をしていたというのです。

DSC_0352 DSC_0353

いったいどのようなやりとりがあったのでしょうか。
実際に屋根裏部屋を見学することはできないみたいです。無念。

そして庭へ。

DSC_0339

 

DSC_0344

そして本題へ。倒幕を裏で操っていたとされるのがこの…
トーマス・ブレーク・グラバー」という人物なのです。

DSC_0345

当時もこのように遠く先を見通していたのでしょうか。

DSC_0356 DSC_0357

そしてこのグラバー園内にあるのが…。
フリーメイソンのマークなのです。

はい。これが見たくてはるばる埼玉から来たようなものでした。

三角定規にコンパスを描いたシンボルマーク。

DSC_0359

トーマス・ブレーク・グラバー…。
「歴史を裏から操ったとされる人物はフリーメイソンのメンバーだった」
…という都市伝説があります。
都市伝説であろうと歴史が面白く感じれる事は非常に大好きです。
興味がある方もない方も、好きな人も嫌いな人も、話のネタに次回は少しフリーメイソンにふれてみようかと思います。

 

グラバー園

所在地:長崎県長崎市南山手町8−1
電話:095-822-8223
HP:http://www.glover-garden.jp/
入園料金:個人 大人:610縁 高校生:300円 小・中学生:180円

 

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【円滑なコミュニケーションにはYOUではなく愛を持ったIメッセージ】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


 

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。