息を飲むほどに美しくも険しい!断崖絶壁に建つ天岩戸神社

こんばんわ。masayan(@masayan382)です。
いよいよ元伊勢三社の最期を飾るのが今回訪れる【天岩戸神社】です。
元伊勢皇大神社から矢印に従って進みます。

DSC_0245-compressor

途中にあるのが「日室ヶ嶽遥拝所」です。

DSC_0248-compressor

夏至のタイミングでこの遥拝所から見ると、この山頂に太陽が沈むそうです。
この位置からの冬至の日ノ出のライン上には伊勢神宮があるとか。

そして、しばらく歩くと見えてきました。

DSC_0252-compressor

天岩戸神社を目指します

DSC_0255-compressor

岩戸神社の記
偉大な祖神である天照大御神は速須佐之男命の 乱暴な行いに堪え忍んでおられたがとうとう我慢しきれずに天の岩戸に閉じ籠りになられた。
それでこの世の中は真暗くなってしまい悪い事ばかりが連続して起こり拾収がつかな くなってしまったので 八百万神々は天安河 原に集まられ相談された。
そこで天の岩戸の前で長鳴鳥を鳴かせ 真榊の木に勾玉を飾り御神鏡をかかげ 御幣 を持ち神饌物を捧げて 賑やかに歌い踊り音楽し祝詞を申し上げた。
この時尊い天照大御神は外の様子を不思 議に思われ天の岩戸を細めに開いて見られ たので 御神鏡をさし出し申した。畏い天照 大御神はますます変だと思われすこし天の岩 戸から出られたところをお引出し申したので 世の中は明るくなり救われたのである。
さてこの由緒ある御神鏡が神宝と信じられ救世平和神とされている

引用元:境内説明版

由緒
当天の岩戸神社は 往昔地神の元始 神天照大神籠居ましし霊地にして  真名井ヶ原・真名井ヶ池・楽の堂・ 産盥・産釜・神楽岩・御座石・ 鶏鳴岩・鱒池・鮎返りの滝等の地名 旧蹟あり 殊に産盥の霊水は平常満 水することなく或は減水することな く且つ腐水することかってなく此の 霊水は旱魃の際其の霊水の少許を水 上に注ぐ時は如何なる旱魃時と雖も 神雨不思議に降り来り庶民安偖の胸 を撫するにより往昔より今に至るも 尚其の慣例絶へざるなり。

引用元:境内説明版

↑なんか由緒の方はよくわからないですね。調べてみたのですが由緒に関しての詳細はよくわかりませんでした。

いざ、天岩戸神社へ

DSC_0259-compressor DSC_0261-compressor

外宮、内宮と違って鳥居は普通に石ですね。

DSC_0337-compressor DSC_0348-compressor

↑社務所

DSC_0266-compressor

階段を下りていくと見えてきました。

なんじゃこりゃー!!っていうところに建つ社

DSC_0274-compressor

何もそんなところに建てやんでも…。そういいたくなるくらいの社。

DSC_0278-compressor

少し見えにくいですが、社から岩肌に鎖がありまして。
鎖を手で持ちながら急斜面を登っていきます。

DSC_0284-compressor

そして。到着。
くそー。なかなかハードだぜ。

御祭神:櫛御毛奴命
または、櫛岩窓戸命・豊岩窓戸命の2神とも言われているそうです。

登った社の真ん前からの景色。

 

DSC_0290-compressor

この上なく美しい。

DSC_0301-compressor

再度鎖を手に取り下へ降ります。

DSC_0323-compressor

川の方から側面へアプローチ。

DSC_0307-compressor

美しい緑に川の流れ。水の音もさりげなく耳から癒してくれます。

DSC_0313-compressor

とにかく凄い。「凄い」以外の言葉が見つからない。
ここに社を建てようって思いたくもなるかも…。

DSC_0331-compressor

こうして参拝を終えました。
写真撮りまくりでだいぶ時間をかけてしまいました。
そうなるのも必然だったかな。ご覧のように霧につつまれた最初だったのですが、あっというまに太陽の光がいい感じに差し込んでくれました。

非常に楽しかったなぁ~元伊勢三社。

今回の元伊勢シリーズが気になった方は是非、元伊勢参りをしてみてはいかがでしょうか。
なかなか見ごたえバッチリですよ。

天岩戸神社

所在地: 京都府福知山市大江町佛性寺字日浦ケ嶽206

合わせてチェック!
 
 
 
 by 

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。
休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。