京都に元伊勢神宮!?今も残る元伊勢外宮・豊受大神社へ参る

こんばんわ。masayan(@masayan382)です。
京都に住んだとき、どうしても行きたかった場所がありました。
平清盛ゆかりの地、新選組のゆかりの地です。そして、今回訪れる「元伊勢」です。

「元伊勢」ってすごい地名ですよね。まるで、今ある三重県の伊勢の元祖があるみたいじゃないですか?
いえ、その通りなんです。京都には元伊勢があるんです。

ということは…伊勢を代表する「伊勢神宮」があったりして…。

あるんです。実は。

今回は元伊勢三社を巡るお話しです。
でわ、さっそく参りましょう!

今回は【元伊勢・元伊勢外宮・豊受大神社(とゆけだいじんじゃ)】へ参ります。

 

DSC_0003-compressor

豊受大神社とは!?

延暦23年(804年)の『止由気宮儀式帳』に、雄略天皇が天照坐皇太神の夢託を蒙り、御饌都神(みけつかみ)として等由気太神(豊受大神)を丹波国から伊勢に迎えたのが外宮であると記す。それに基づいて当神社は雄略天皇22年に伊勢へ遷座したその故地であるという(『丹後風土記』[1])。あるいは、元鎮座地は比沼麻奈為神社(現京丹後市峰山町久次に鎮座)であるが、雄略天皇22年に伊勢へ遷座する途中で当神社の地にしばらく鎮座し、その跡地に建立したものであるともいう(『加佐郡誌』[2])。また、それとは別に、用明天皇の第3皇子である麻呂子親王が当地の鬼を退治するに際して、内宮(現皇大神社)とともに勧請したものであるとの異伝もある(宝暦11年(1761年)の『丹後州宮津府志』[3]))。

引用元:Wikipedia「豊受大神社」

神社の由来にはいくつかの説があるようです。
三重県の豊受大神宮はこちら。お時間があれば御覧ください。

身を清めた後は「心」を清めよ!伊勢神宮・外宮こと豊受大神宮

2016.08.13

でわ、前置きはこれくらいにして駐車場に車を置いて向かいます。

いざ、豊受大神社へ

DSC_0004-compressor

長い石段を上がって行きます。

DSC_0007-compressor

見えてきましたね。

DSC_0011-compressor

これは…。

DSC_0065-compressor DSC_0068-compressor

木でできている鳥居です。かっこいい。「黒木の鳥居」ですね。
京都の野宮神社以来です。

斎王が伊勢に向う前に潔斎をした「野宮」に由来する野宮神社

2017.01.23
↑野宮神社の鳥居はこちら。

DSC_0028-compressor

いざ、拝殿へ

DSC_0029-compressor DSC_0032-compressor

御祭神は豊受姫命です。

豊受姫命は冒頭でも触れましたが雄略天皇が天照坐皇太神の夢託を受け、天照大神の御饌都神(みけつかみ)として豊受大神を迎えました。それは今の伊勢神宮の外宮と同じですね。

 

DSC_0038-compressor

拝殿の左側にあるのは多賀之宮。

DSC_0041-compressor

境内左の境内社

境内左手から、御幸神社、天田神社、蜂須神社、若宮神社、榊森神社、和幣神社、御釼神社、大若神社、鏡作神社、知恵神社。

DSC_0044-compressor

境内後方の境内社

月宮、竈原、種木、瀧之、東羅、金刀比羅、蓬戸、神南、鹿嶋、繁昌、風宮

DSC_0047-compressor

ご神木・龍燈の杉

DSC_0052-compressor

こちらのご神木は樹齢1500年を超える古木とされています。また、「節分の深夜に龍神が燈火を献ずる」と言い伝えもあるんだとか。

DSC_0053-compressor

こちらが本殿です。

DSC_0056-compressor

境内右の境内社

岩崎神社、保養神社、酒造神社、日吉神社、祓戸神社、椿本神社、姫若神社、榊原神社、南之神社、福徳神社、白鬚神社、小篠神社、甲之神社、礒之神社、平岡神社、保浪神社、青榊神社、横河神社。

DSC_0059-compressor

拝殿右側にあるのが土之宮が鎮座しています。

そして一周終了。

DSC_0062-compressor

4社の別宮と、37の末社がり合計41社が境内にあります。
…、もうここにくればほとんどの神様に会うことができるってことですかねきっと。
さっすが元伊勢。やることが別格です。

本殿、拝殿の周囲を末社たちが囲んでいるというのもかっこいい配置だなと感じました。
これはなかなかの見ごたえがあります。遠路はるばる来たかいがあるってもんです。

そして、外宮に来たら次は…内宮ですね。

元伊勢外宮・豊受大神社

所在地:京都府福知山市大江町天田内60
駐車場:あり

合わせてチェック!
 
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【実は明智光秀は民に慕われている領主だ!光秀を祀る御霊神社】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。