日本最初の天満宮!菅原道真公が舞い降りた石も残る水火天満宮

こんんばんわ!前回まで少し離れてしまいましたが、また京都の話へ戻ります。
京都に引っ越して休みの日にチャリンコを漕いで京都を探検しているときのお話しです。

DSC_0005

今回訪れたのはこちら。
水火天満宮」です。

水火天満宮とは!?

延長元年(923年)、醍醐天皇の勅願により水難火難除けの守護神として延暦寺の尊意僧正に勅命があり、菅原道真の神霊を勧請し建立された。以前は同じ上京区の上天神町にあったが、堀川通の拡張に伴って1952年、現在の場所に移転した。

引用元:Wikipedia「水火天満宮」

実は後日に書く予定の神社へ行く途中でたまたま立ち寄った神社なんです。なので予習はしておりませんでした。
足を止めた理由が「日本最初」と書いてあるところです。

DSC_0007

天満宮なので菅原道真さんを祀っているのはすぐわかりますが、水火天満宮が「日本最初の天満宮」と号する所以は、『天皇の勅命にて神号を賜り、天満宮とした事』と、『 初めて道真公の神霊を勧請した事 』によるそうです。

いざ、水火天満宮へ

DSC_0008

俺が参拝したときは「京洛8社集印めぐり」の一つに入ってました。

出世石

DSC_0011

↑大願成就、世に出る石として信仰されています。

登天石

↑登天石の写真が載せれるレベルではなかったのでお写真お借りしました。

こちらの登天石にはこんなエピソードがあります。

菅原道真が大宰府の地に於いて亡くなられて後の話。京都では天変地異が相次ぎ、雷火の災いが頻発。そのため都では菅公の怨霊の祟りによるものではないかと人々の中で不安が高まりました。
そこで醍醐天皇は、延暦寺の法性坊尊意僧正に祈祷を依頼。勅命を受けた尊意が、急ぎ山を下りて宮中へ向かう途中、鴨川が突如増水・氾濫し町へと流れ込みました。
尊意は騒がずに、手にした数珠をひともみして、天に向かい神剣をかざして祈りを捧げたところ、不思議な事にたちまち水位が下り、水面が真っ二つ分かれ、水流の間から一つの石が現れました。
その上に菅公の神霊が現れ、やがて昇天し雲の中へ消えて、雷雨も止みました。

その石を持ち帰り供養して、「登天石」と名付け、現在に至るということです。

水火天満宮・拝殿へ

DSC_0015

そして奥へ進み拝殿へ。
御祭神は菅原道真公。

DSC_0019

菅原道真とは!?

菅原道真(すがわら の みちざね / みちまさ / どうしん、承和12年6月25日(845年8月1日) – 延喜3年2月25日(903年3月26日))は、日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。参議・菅原是善の三男。官位は従二位・右大臣。贈正一位・太政大臣。
忠臣として名高く、宇多天皇に重用されて寛平の治を支えた一人であり、醍醐朝では右大臣にまで昇った。しかし、左大臣藤原時平に讒訴(ざんそ)され、大宰府へ大宰員外帥として左遷され現地で没した。死後天変地異が多発したことから、朝廷に祟りをなしたとされ、天満天神として信仰の対象となる。現在は学問の神として親しまれる。

引用元:Wikipedia「菅原道真」

右大臣まで務めた道真さん。とても文学にも長けた人物だったそうです。
無知だったころの俺は「学問の神様なんでしょ?」くらいにしか知らなかったので受験のときにお願いしに行ったくらいですね。

DSC_0020

ところが京都においては、雷さまレベルですね。相当京都に落雷であったり災難が起きたそうです。
そのため、京都にはたくさんの天満宮があります。

参考清涼殿落雷事件

やっぱ京都クラスになると寺社巡りが格段に楽しいです。教科書や噂で聞いたものがすごい近くにあるんだなぁと感じますね。ということで、京都シリーズまだまだ続きます。

水火天満宮

所在地:上京区堀川通上御霊前上る扇町722-10
電話:075-451-5057
HP:http://suikatenmanguu.com/index.html

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 
 
 次回予告
  1. 【京都に元伊勢神宮!?今も残る元伊勢外宮・豊受大神社へ参る】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。