神功皇后ゆかりの月延石が残る松尾大社摂社・月読神社

こんばんわ。masayan@masayan382)です。
では、前回の続きと参りましょう。

前回の鈴虫寺のすぐ近くに面白い神社があるので立ち寄りました。

その名も…【月読神社】です。
少し離れたところにある松尾大社の摂社です。

DSC_0389-compressor

月読神社とは!?

『日本書紀によれば、顕宗天皇(第23代)3年に任那への使者の阿閉臣事代(あへのおみことしろ)に月神から神託があり、社地を求められた。朝廷はこの月神に対して山背国(山城国)葛野郡の「歌荒樔田(うたあらすだ)」の地を奉り、その祠を壱岐県主祖の押見宿禰が奉斎したという。以上の記事が当社の創建を指すと一般に考えられている。その後『日本文徳天皇実録』によれば、斉衡3年(856年)に水害の危険を避けるため月読社は「松尾之南山」に遷座されたといい、以後現在まで当地に鎮座するとされる。このほか『山城国風土記』逸文によれば、月読尊が保食神のもとを訪れた際、その地にあった桂の木に憑りついたといい、「桂」の地名はこれに始まるという説話が記されている。

引用元:Wikipedia「月読神社」

月読神社の実際の創建は6世紀中頃から後半と推測されているそうです。明治維新後、明治10年(1877年)3月21日に松尾大社摂社に公式に定められ、現在に至っています。

歴史好きな方や都市伝説が好きな方は必見の神社になるかもしれませんね。
詳しくはこれから見ていきましょう!

いざ、月読神社へ

DSC_0390-compressor

俺が訪れた時間は午後過ぎ。夕方のちょい前くらいでした。
比較的日陰になるような立地ですね。
御祭神・月読命にはちょうどいいのかもしれませんね。

DSC_0397-compressor

立派な拝殿です。

DSC_0394-compressor

拝殿の奥には本殿があります。

DSC_0401-compressor DSC_0402-compressor

本殿の前にたつ燈籠には「月讀宮」の文字。
とても趣がある感じですね。

DSC_0405-compressor

とてもシンプルな感じの本殿です。

御祭神は月読命。その名が表わすとおり、月を司り、夜を統べる神様です。

↑よろしければこちらも御覧ください。

解穢(かいわい)の水

DSC_0418-compressor

解穢(かいわい)の水。
自己の罪、穢れを除く霊験があるそうです。現在は飲み水ではないのであしからず。

DSC_0421-compressor

願掛け陰陽石

DSC_0409-compressor

左右の石を撫でながら祈願すると願いが叶うとされています。

聖徳太子社

DSC_0411-compressor

月読尊を崇敬したとされる聖徳太子の霊を祀っています。
また、「学問の神」としても祀られているそうです。

そして、月延石

DSC_0414-compressor

そしてこちらが一番の見どころ。月延石です。通称「安産石
この石を撫でて祈願すると安産のご利益があるといわれています。
祈願するときは、社務所で新しい石を授かってください。

この月延石を語る上ではずせないのが神功皇后です。

神功皇后が妊娠中にもかかわらず三韓征伐へ。そして石で腹を冷やして妊娠期間を延長。その後、日本に帰国してから出産されたそうです。その石がこの月読神社にあるわけです。神功皇后の伝説と、“月のもの”が延びるという名前から、安産のご利益があるとされています。

神功皇后が着けていた腹帯は、皇后に仕えた女性たちに下賜され、そのうちで京に来た者がその腹帯を頭に巻いて働いたことから、それが桂女(かつらめ)の起こりと伝わります。桂女は桂川で獲れる鮎や飴を売り歩き、また出産を手伝うこともあったそうです。

彼女たちが頭に巻いたのは神功皇后ゆかりの腹帯だったそうです。「桂女」の始祖は、武内宿禰の娘「桂姫」だそうで、「桂姫」が伝えた飴の製法が、のちの「桂飴」となったとも伝えられます。

ここで登場した神功皇后と竹内宿祢に関してはこんな記事もあります。

↑興味がある方は是非ご覧ください。

月読神社の禰宜は、松室氏(まつむろし)が担っている。松室氏は『日本書紀』顕宗天皇3年条に見える押見宿禰を祖とするといわれ、壱岐氏(いきうじ、壱岐県主のち壱岐直)の後裔とされる。この壱岐氏について、『新撰姓氏録』では壱伎直条に「天児屋命九世孫の雷大臣の後」として、中臣氏(天児屋命後裔)系であるかのような記載があるが、これは壱岐氏が卜部として朝廷に奉祀するにあたって中臣氏に統率されたためと考えられている。このような中臣氏との関係は、大宝元年(701年)に社地を中臣氏に給するという記事にも見える。なお松尾大社や月読神社に伝わる系図によると、月読神社社家は源平時代に松尾社家(秦氏)の女を母とし、秦氏を名乗ったという。

引用元:Wikipedia「月読神社」

ここにも出てくる秦氏。なんやかんや聖徳太子とも絡んでくるのも特徴ですね。

このあたりも気になる方は是非チェックしてみてください。

月読神社

所在地:京都府京都市西京区松室山添町15
電話:075-871-5016
駐車場:あり
HP:http://www.matsunoo.or.jp/tukiyomi/index/

合わせてチェック!
 
 
 
 by 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【受験生とアスリートに大人気!蹴鞠の守護神が鎮座する白峯神宮】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。