レイライン上にある謎の巨石群であり世界遺産であるエーブベリー

先日のイギリスのパワースポット『グラストンベリー・トー』に続いて舵を取ります。

レイライン上に存在する異世界への入り口!グラストンベリー・トー

2015.12.15

↑よろしければご参照ください。

先日もふれましたがイギリスにあるレイライン【セント・マイケルズ・レイライン】上の別のスポットへ向かいます。

そして、今回はこちらへ。

世界遺産・【エーブベリー(Avebury)】です。

エーブベリー(Avebury)とは!?

イングランド南部のウィルトシャー州に位置するソールズベリーから北西約13kmにあるストーンヘンジと、そこから約30km離れたところにあるエーヴベリーの遺跡群。これらは現在のイギリス人、アングロ・サクソン人がブリテン島に移住する前から存在していたストーンサークルで、石の重さは大きいもので50トンにもなる。神秘的な雰囲気が漂うストーンヘンジは紀元前3100~1100年ごろに造られた。外側に直径約100mの堀、その内側には円陣上に並んだ直立巨石がめぐらされており、一年で最も昼が長い夏至に、太陽が巨石の間を通り抜け、中心にある祭壇石に向かって差し込むように設計されている。未だに謎は多いが、古代人の天文台または太陽崇拝の祭祀場であったのではないかと推測されている。1986年に世界遺産に登録された。

引用元:ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群:ソールズベリー(イギリス(英国))の旅行ガイド・観光情報:るるぶ.com

謎とされるストーンサークルになります。上記にあるようにストーンヘンジとエーブベリーがまぁまぁ近い所にあります。どちらに行こうかと考えたのですが、調べてみるとストーンヘンジは少し離れたところからしか見れないそうで、エーブベリーは触れるというものでした。

世界遺産に触れるというのはまたすごいレア。行くならエーブベリーですね。

いざ、エーブベリーへ

_1085189

エーブベリーは少し田舎の村にあります。

バスで移動しました。バス停の前にはパブがありますね。

_1085193

村の中はすぐに巨石群が待ち構えてました。

_1085195 _1085198

羊さんたちも放牧中。
奈良公園の鹿さんのフン以上にそこらじゅうに羊さんのフンだらけです!

_1085202

ちなみに大きさがわかるようにとならんで撮った写真。
黒く塗りつぶされているのがmasayanです。
…少し悩んだのですが御見苦しい写真はあまり見せられないかと。

ちなみに、masayanの身長は178cmほどです。

_1085212 _1085214 _1085226 _1085229 _1085244 _1085247

観光客のみなさんは好き勝手に写真と撮り、岩に触り放題です。

_1085249 _1085255

年代や建造方法については次第に解明されつつありますが、このストーンサークルが造られた目的は依然として謎のまま。ケルト民族によるドルイド教の祭祀場説に始まって、天文台説、王の墳墓説、果てはUFOの発着場説まで諸説あります。現在では、ヒールストーンと呼ばれる石が夏至の日の出の方向と一致していることから、太陽崇拝に関係するという説、あるいは埋葬場所という説が有力となっています。

引用元:ストーンヘンジ|イギリス 世界遺産|阪急交通社

この巨大な巨石群。何の意図があって円周上に配置されているのでしょうか…。
いつの日か解明されるのでしょうか…。気になるところです。

参考イギリス聖地紀行|320kmにも及ぶセント・マイケルズ・レイラインの遺跡郡まとめ

そして、これらが一直線上にならぶレイライン。
ものすごいものがあるもんです。

_1085261

ちなみにこちらがイギリスの桜です。
イギリスの桜も素敵です。

_1085274

こちらはエーブベリーの教会。
とても立派です。

_1085298

無事に一周。バス停へ帰ってきました。
バスが来るのを一杯ひっかけながら待ちます。

2013-05-22 17.26.47

バスに揺られたあとは列車へ。

2013-05-22 17.36.18

帰りも紅茶とお菓子のサービス。
イギリスのサービスは本当に紳士的です。

さぁ、ロンドンから離れた場所への遠征レポートいかがでしたでしょうか。
お時間がある方はストーンヘンジと合わせて訪れてみてはいかがしょう?
お時間がなく、二択になるという方には触れる世界遺産・エーブベリーをオススメします!

 

エーブベリー

所在地:Avebury, Wiltshire SN8、イギリス
HP:english-heritage.org.uk

 

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 
 
 次回予告
  1. 【ここが東山文化の代表!美しい庭園が見所の銀閣寺改め慈照寺】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。