ロンドン塔!そこは女王陛下の宮殿にして要塞でもある人気の世界遺産

タワーブリッジを越えるとすぐにこちらのものが見えてきます。

イギリス散歩。歩いてロンドンにある世界遺産に到着いたしました。

_1086581_19348955530_o-min.jpg

こちらロンドン塔はイギリスの首都・ロンドンを流れるテムズ川の岸辺、イースト・エンドに築かれた中世の城塞です。

いかんせん、日ごろは和式の城ばかりに目をやってしまうので私は洋式城には免疫ありません。

たまにはこういうもありですかね。

正式には「女王陛下の宮殿にして要塞」(Her Majesty’s Royal Palace and Fortress)と呼ばれるように、現在も儀礼的な武器などの保管庫、礼拝所などとして使用されている。その景観から「ホワイト・タワー」とも呼ばれる。

引用元:Wikipedia「ロンドン塔」より引用

【女王陛下の宮殿にして要塞】とはまた凄い!

日本にはまず無いですね。ではさっそく参りましょう。

 
 

ロンドン塔とは!?

1066年にイングランドを征服したウィリアム1世が1078年にロンドンを外敵から守るために堅固な要塞の建設を命じ、本体は約20年で完成した。その後、リチャード1世が城壁の周囲の濠の建設を始め、ヘンリー3世が完成させた。
長い歴史の間に国王が居住する宮殿として1625年まで使われ、その間、14?19世紀にかけては、造幣所、天文台でもあり、1640年までは銀行、13世紀から1834年までは、王立動物園でもあった。なお、ロンドン塔に最後に居住した王はジェームズ1世とされる。
また1282年からは、身分の高い政治犯を幽閉、処刑する監獄としても使用されはじめ、やがて14世紀以降は、政敵や反逆者を処刑する処刑場となった。第二次世界大戦中の1941年から1944年にかけては、対英和平交渉を結ぶべくドイツから単独で飛来し捕虜となったルドルフ・ヘスが幽閉された。
現在もイギリス王室が使用している宮殿であるが、ロンドン観光の目玉になるほど観光客も多く、内部にある建物の幾つかは、世界最大のダイヤモンド「偉大なアフリカの星」など様々な歴史的展示物を陳列して、見学できるようになっている。1988年にはユネスコの世界遺産に登録されている。

引用元:Wikipedia「ロンドン塔」

ロンドンの世界遺産。せっかく来たからには見ていきたいものです。

いざ、ロンドン塔へ

_1086736_19530182942_o-min.jpg

こちら、↑の写真の方々が耳に当てているのは携帯電話ではございません。

音声ガイドの機会になります。各国の言葉で翻訳してくれているのでが、私は使いませんでした。

入城早々にイベント発生!!

_1086590_19510784746_o-min.jpg

これから彼は牢獄に入れられてしまうのでしょうか…。

今なお、ロンドン塔には当時を思わせるイベントが時折発生するようです。

_1086686_19510782046_o-min.jpg

↑Waterloo Block Crown Jewels

世界最大の530カラットのダイヤモンド「アフリカの星 Star of Africa」がはめ込まれた王笏や王冠が展示されています。

残念ながらの写真撮影禁止。まぁ、しょうがないですね。

「動く歩道」に乗っての鑑賞になります。

_1086620_19510783686_o-min.jpg

このロンドン塔の中心にあるのがこちら。White Towerです。

いざ、White Towerへ

中は博物館的な展示スペースになってます。

_1086636_19541156951_o-min.jpg

 

こういった甲冑があるだけで城っぽいです。

_1086645_19510783276_o-min.jpg

日本に関係する展示物も!

_1086648_18914373164_o-min.jpg

西洋式の刀や銃が展示されているなか見慣れた和テイスト!

_1086654_19530185042_o-min.jpg

_1086651_19541156461_o-min.jpg

英語の解説は読めませんが徳川の葵の紋があるのは確認できました。

次へ参りましょう♪

_1086711_19530183602_o-min.jpg

内壁へ登ります。

内壁からぐるり

_1086752_19541153981_o-min.jpg

おぉ~自分が渡ってきたタワーブリッジ!良い眺めです。

_1086771_19348963378_o-min.jpg

あまり日本では見ることのない金属で模られた兵士さんです。

_1086783_19350394599_o-min.jpg _1086817_19348962348_o-min.jpg

↑展示されているライフル。これで狙撃するんでしょうか。

_1086822_19541152251_o-min.jpg

こちら、イギリスの兵士がもつリュックなのだそうです。

重さはなんと20kg!!こんんもって戦にいくのか~。持ってみるとその重さに衝撃です。

_1086826_19348962398_o-min.jpg

↑勲章の数々です。

_1086845_19348948590_o-min.jpg

ロンドンの鎖。これまた日本にはないスタイルです。

トレイターズ・ゲイト(叛逆者の門)

_1086723_18914371214_o-min.jpg

_1086849_19350393269_o-min.jpg

↑だいぶ鋭利なものが見え隠れしてます。

おわりに

_1086863_18914368084_o-min.jpg

城の外すら憩いの場と化しております。

なんとも見応えたっぷり。日本には無い異文化を見てとることができました。

中は広く、見どころもたくさんあります。何より人がどんどん入ってきます。もはやかつての面影がないくらいの観光名所と化してます。

写真も山程撮ったのですが、今回お見せしたのはほんの一部です。残りは是非、ご自身の目で見て楽しんできていただけると幸いです。

これぞ海外旅行の神髄です。勉強になりました。
 
 

 

ロンドン塔

所在地:St Katharine’s & Wapping, London EC3N 4AB イギリス
電話:+44 844 482 7777
HP:http://www.hrp.org.uk/TowerOfLondon/

合わせてチェック!
 
   
 by masayan

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【サプリで薬剤性肝障害!~健康になるはずのサプリメントの落とし穴~】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayan厳選の【オススメの〇〇記事三選シリーズ】をご用意してます。お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。