ロンドンの象徴!テムズ川に架かる跳開橋【Tower Bridge】

イギリスはロンドン。観光に来たのなら押さえておきたいのがこちら。

Tower Bridge

です。まるで、中世の英国式の城のような塔を持つタワーブリッジ。
このタワーブリッジとテムズ川の景観はロンドンの象徴と言えるそうです。

Tower Bridgeとは!?

タワー・ブリッジ (Tower Bridge) は、イギリスのロンドン市内を流れるテムズ川に架かる跳開橋。1886年に着工、1894年に完成した。可動部分は初期の頃は蒸気機関で水をパイプに通して跳開部の端に水圧を掛けシーソーの原理を利用して開閉していた(この技術は世界で始めてこの橋が実用に供した)が、現在は電力を利用している。

引用元:Wikipedia「Tower Bridge」

 

いざ、Tower Bridgeへ

少し遠目から接近したいと思います。

_1085967
_1085982

_1085994

テムズ川と船とタワーブリッジ。

_1086005 _1086021

テムズ川沿いに進むなか、ちょっと寄り道。

_1086024

_1086030
なんともオシャレです。

_1086078

そして川沿いに歩きいよいよ近づくタワーブリッジ!

_1086116

_1086146
後ろ側からもパシャリ。

_1086162
すごい橋です。
なんか日本ではこういうのあんまり見ないですよね~。
さっすがイギリス!
_1086174

_1086177 _1086180

橋の長さは244m、左右にあるゴシック様式のタワーの高さは65mあり、内部は展望通路・歴史博物館がある。タワー間の橋桁の長さは61m、上部橋の高さは44mである。塔のデザインは鉄塔を腐食から守るためと、名前の由来ともなっている付近のロンドン塔の景観と調和するように配慮されて大理石で覆われている。近年においてロンドンの観光定番スポットとなっているが、同じテムズ川のすぐ上流にある、民謡「ロンドン橋落ちた」で有名な、ロンドン橋とよく混同される。

引用元:Wikipedia「Tower Bridge」より引用

_1086183

橋を通る車の交通量もさることながら歩行者の数も凄かったです。

さっすがロンドンの観光スポット。

それを裏付ける立派な建造物!

開閉式の部分も運がよければ可動しているところを見ることができるかもしれないそうです。
せっかくだから見てみたいものですが、その場面にありつけませんでした。

_1086186
橋を渡りロンドン塔方面へ。

_1086192
橋のすぐ横には船着き場。いかにもお金持ちの人が使いそうなところです。
個人的いは和テイストの日本史好きなものですから西洋式のもを見ると圧倒される瞬間が少し悲しい。
なんつって。これはこれで凄いなと思いますし、写真好きにはたまらん被写体となります。

Tower Bridge


所在地:Tower Bridge Rd London SE1 2UP イギリス
HP:http://www.towerbridge.org.uk/

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【円滑なコミュニケーションにはYOUではなく愛を持ったIメッセージ】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


 

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。