お伊勢参りで疲れた体はここで癒す!おかげ横丁で食べ歩き

お伊勢参りも順調に進みましたが、せっかく伊勢まできたならその土地名産のおいしいものも食べたくなりますよね。
伊勢神宮内宮の前にはおいしい食べ物も連なっていますよ!
ということで歩き疲れたお腹を満たすため寄り道します。

DSC_8611 DSC_8612

↑伊勢に来たら伊勢えびコロッケ?
ん~、食べたくなりますね。

DSC_8613

↑茶色いファミマ。景観に合わせた配慮ですね。素晴らしい。

おかげ横丁へ到着!

DSC_8614

おかげ横丁とは!?

おかげ横丁(おかげよこちょう)は三重県伊勢市の伊勢神宮皇大神宮(内宮)前にあるお蔭参り(お伊勢参り)で賑わった江戸時代末期から明治時代初期[2]の門前町の町並みを再現した観光地である。

引用元:Wikipedia「おかげ横丁」

ということで伊勢神宮とセットで訪れたい観光地として有名です。

いざ、おかげ横丁へ

DSC_8616

見渡すといろんなお店がひしめき合っているわけですが…。
やはり伊勢に来たからには伊勢名物…。
やっぱ、コレですかね。

2015-03-06-10.392

伊勢うどん。

「かけうどん」のように多量のツユに浸ったスタイルではなく、濃厚なつゆ?タレ?を太い緬に絡めて食べるスタイルですかね。これはこれでアリですね。美味い!

 

DSC_8632

食後、さらに食べ物を求め彷徨う…。

DSC_8633

可愛いなぁ。

DSC_8635

やっぱ疲れたら甘いものですよね~。

2015-03-06-10.482

↑おしるこをいただきました。

DSC_8636

あぁ、なんかこういう街並みというか雰囲気素敵です。
写真好きな方はバシバシ撮っちゃいますね。

DSC_8637 DSC_8615 DSC_8638

やはり、赤福でしょ!

DSC_8639

やっぱり赤福でしょ!って言っておきながら実は忘れていました。
おしるこ食べた後、お店の前を通りかかってやや後悔。
しまった~赤福食べなきゃ!的な。

DSC_8640

赤福餅とは!?

赤福餅(あかふくもち)は、三重県伊勢市の和菓子屋赤福の和菓子商品である。餅菓子であり、いわゆるあんころ餅の一種。餅を漉し餡でくるんだもので、漉し餡には三つの筋が付き、五十鈴川の川の流れを表しているとされる。餅は傾けて持ち帰ると崩れることがあるほど非常にやわらかい

引用元:Wikipedia「赤福餅」

なんと創業が1707年。富士山噴火があった年です。
八代将軍吉宗の「享保の改革」の9年前です。
すごい歴史ですね。そりゃ伊勢名物にもなりますし、名物になるだけの「美味さ」があるということでしょう。

LINK赤福:http://www.akafuku.co.jp/

2015-03-06-11.112

そしていただきました「赤福餅」。
この三つの筋が五十鈴川の流れなんですね。粋です!
そして何より美味い。間におしるこを挟んでしまった事を後悔しておりましたが、それらを忘れるくらい美味かったです。むしろ、屁でもないくらいペロっと食べれました。ごちそうさまでした。

みなさんは、赤福を考慮したうえでのペース配分を考えて食べ歩いてくださいね。
また伊勢神宮に参拝した際は必ず食べようと俺は心に決めました。

 

おかげ横丁

所在地:三重県伊勢市宇治中之切町52番地
HP:http://www.okageyokocho.co.jp/

合わせてチェック!
 
 
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【心が燃え尽きた看護師が自分探しの旅の果てに見つけた答え】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。