金華山の岐阜城と合わせて訪れたい織田信長居館跡

さて、岐阜城から岐阜公園へ戻りました。
では行きではチェックできなかった部分へ。
どうしても先に金華山を攻めたいという欲求に勝ことができませんでした。

では改めて、今回攻めるのが岐阜公園内にあるこちら。

【織田信長居館跡】でございます!

織田信長居館跡とは!?

 岐阜公園は織田信長公が館を構えた地として知られています。いまから約440年前、信長公は美濃を治めていた斎藤道三の孫、龍興(たつおき)を追放し、みずからの本拠をこの地に移したのでした。それから2年後の永禄12(1569)年、岐阜を訪れたポルトガルの宣教師ルイス・フロイスは、その記録の中で信長公の館を「宮殿」と称し、華麗な内部の様子を紹介しています。信長公居館跡の入口部分は発掘調査の結果復元整備され、現在見学することができますが、館の姿や配置など居館の多くの部分はまだ謎のままです。

引用元:織田信長公居館跡発掘調査/社会教育課/岐阜市公式ホームページ


戦国武将・大名は、山城の場合ほとんど城のふもとにある居館で生活したそうです。常に城に滞在してるものと俺は思っておりました。天守は戦で攻め込まれた時に籠城したり、また儀式やその他行事の時に登るくらいなんだとか。そりゃ信長だって平時の時は山のふもとの館でゆっくり寝泊りしていたいもんですよね。

いざ、織田信長居館跡へ

DSC_3325 DSC_3326

石垣が残っておりますがその大きさにびっくりします。
やはりここにあの織田信長の館があったんだろうなと感じます。

DSC_3327

虎口のように曲がる道。

DSC_3328 DSC_3329

現在は綺麗に木々も植えられており公園の一部と化してます。

DSC_3235 DSC_3237

ちなみに、岐阜城へ向かう際、ロープウェイから見えたのがこちら。
今なお、発掘中なのです。

こちらが【信長の庭】

DSC_3227

剛】【静】【雅】の3つのコンセプトで造られているそうです。
確かに。その全てが反映されている気がします。
美しい。写真を撮っているだけで時間を忘れてしまいました。

信長好きにはたまらない岐阜公園~岐阜城。
岐阜に来たら絶対に押さえていただきたいスポットです。

織田信長居館跡

所在地:岐阜県岐阜市大宮町1丁目
電話:058-265-4141
HP:http://www.nobunaga-kyokan.jp/

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【東大寺、奈良の大仏を建立した聖武天皇が眠る聖武天皇陵へ】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。