日本三鳥居の一つ、金峯山寺銅鳥居

弘願寺を後にして進むと見えてくるのがこちら。

DSC_2180.jpg_effected

金峰山寺銅鳥居(きんぷせんじかねのとりいです。

金峰山寺銅鳥居とは!?

創立年代は定かではなく、聖武天皇が「奈良の大仏」を造立された銅の残りで建立されたと伝えられています。
1348(正平3)年に高師直の兵火で焼失したあと、室町時代に再建されたものだそうです。
高さ約7.5m、柱の周囲約3.3m、すべて銅製。

正式には発心門と言うそうです。
山上ヶ岳までの間に発心・修行・等覚・妙覚の四門があり、これが最初の門です。
行者たちはここから向こうを冥土と見たて、ひとつ門をくぐるごとに俗界を離れて修行する決心を強めていったそうです。

DSC_2184.jpg_effected DSC_2189.jpg_effected

でかい!なかなかのド迫力です。これをくぐって俗世間と離れていくと決心を決めていたんですねぇ。

安芸宮島の朱塗りの木の鳥居、大阪四天王寺の石の鳥居と並んで、日本三鳥居の一つとされているそうです。
俺は既に宮島の鳥居を見たし、ここも見たし、あとは四天王寺で網羅できます。

DSC_2193.jpg_effected

でわ、気を引き締めて歩を進めます!!

 

金峯山寺銅鳥居

所在地:吉野郡吉野町吉野山
アクセス:ロープウェイ吉野山駅下車徒歩5分

 

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告
  1. 【東大寺、奈良の大仏を建立した聖武天皇が眠る聖武天皇陵へ】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


スパムコメント対策中 - H Speed WP
 

ABOUTこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。