黒田官兵衛ゆかりの地!奈良時代より牛頭天王を祀る廣峯神社

さ、今回は旬が過ぎてしまいましたが、是非ともご紹介したい神社。
駐車場に車を置いてさっそく神社を目指します。

DSC_7635 DSC_7637

立派な鳥居が待ち構えてくれています。

DSC_7638 DSC_7639 DSC_7640

駐車場から多少時間はかかりますが、その広大さがここまでの道のりで垣間見えます。
それではご紹介しましょう。

【廣峯神社】です。

ご存じの方も多いかもしれません。
2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」でも有名な戦国時代の天才軍師。
黒田官兵衛のゆかりの地でもあります。

廣峯神社とは!?

素戔嗚尊・五十猛命を主祭神として正殿に祀り、左殿に奇稲田姫尊・足摩乳命・手摩乳命、右殿に宗像三女神・天忍穂耳命・天穂日命ほかを祀る。
この他、摂社、末社として、西の白幣山には吉備神社、荒神社、本殿周辺に熊野権現社、稲荷社、天神社、冠者殿社、大鬼社、庚申社、山王権現社、蛭子社、軍殿八幡社、地養社、東の峰には天祖父神社を祀る。
明治の神仏分離令以前の祭神は牛頭天王であり、本殿内に薬師如来を本地仏として祀っていたとされる。近年、社殿裏北西に薬師堂が建設され、当時祭っていたとされる薬師如来が安置されている。

引用元:Wikipedia「廣峯神社」

創建は天平5年(733年)というからとても歴史が深い古社の一つです。
また、御祭神の牛頭天王という神様は陰陽道にとって非常に重視される神様だそうです。ちなみに創建者とされる吉備真備は陰陽師であったという話があり、広峰神社は陰陽道も絡んでくるんだとか。

当社には、戦国時代の武将黒田重隆(黒田孝高の祖父)にまつわる伝説が伝わっているが、江戸時代以降、この手代の家の中で「黒田」を苗字とする家があり、家紋が福岡藩主黒田家と同様の「藤巴」であること、また、この家の男子の諱(いみな=本名)に福岡藩主黒田家の一族で諱字として用いられたのと同様の「重」「長」「政」「隆」の字を用いた者や、同様に通称で「官兵衛」の「官」の字を用いた者があることから、黒田重隆と何らかの関連性を持つ家であった可能性がある。

引用元:Wikipedia「廣峯神社」

黒田家ゆかりの地として聞いていたのですが、わりとぼんやりした感じですね。
ではさっそく参りましょう。

いざ、廣峯神社へ

DSC_7642

神社の境内図。
うん。めっちゃ広いです。

DSC_7643 DSC_7644

渋い感じの狛犬さま。かっこいいです。

DSC_7660

↑手水舎

DSC_7646

しょっぱな見えてくるのが拝殿。

いざ、重要文化財の拝殿へ

DSC_7647

こちらの拝殿は国指定重要文化財です。建立は安土桃山時代だそうです 。
ちなみに現在の建物は1626年姫路城主本多忠政が再建したとのこと。

DSC_7648

右殿の御祭神。宗像三女神・天忍穂耳命・天穂日命を祀ります。

DSC_7649

廣峯神社には「陰陽九星詣り」というものがあるそうです。
これが陰陽道とも関わりがあると言われる由縁ですかね。
せっかくなので後でトライしてみます。

DSC_7652 DSC_7654

左殿の御祭神。奇稲田姫尊・足摩乳命・手摩乳命。

DSC_7656 DSC_7657

柱の並びもさることながら空間の使い方が凄い。
圧迫感などなく、その広さと、造りの巧みさが体感できるような感じです。

DSC_7658

それもそのはず。こちらの拝殿は本殿の前面に軒を接して建つ正面十間、側面四間の大建築で敷地が本殿に向かって上り斜面をもつので、建物前面は一種の舞台造りとなっているそうです。

DSC_7659

正殿の御祭神は牛頭天王。
牛頭天皇とは素戔嗚尊とされています。
そのためなのか、素盞嗚尊の子・五十猛命も主祭神として祀っています。

主祭神への参拝を終えたので次は末社へ。

拝殿横の末社

DSC_7661

↑軍殿八幡社
祭神:応神天皇・神功皇后

DSC_7683 DSC_7685

↑地養社
祭神:蘇民将来

DSC_7690

↑蛭子社
祭神:蛭子命

廣峯神社と黒田官兵衛

DSC_7688

実はmasayanは歴史上の人物で好きな人物に黒田官兵衛を挙げます。
そのため大河ドラマで扱われたのもすごく嬉しかったです。
そのためこの廣峯神社に来ることも夢のひとつでした。

広峯(ひろみね)神社は姫路の町が姿を現す前、733年吉備真備(きびのまきび)によって創建された歴史ある神社。近辺には大勢の御師(おし)(社寺に属し、信者のために祈祷や参拝の世話・案内をする人)が住んでおり、この住まいのことを御師屋敷(おしやしき)と呼んでいました。
備前・福岡(現:岡山県瀬戸内市)からこの地に流浪してきた官兵衛の祖父・重隆(しげたか)は、御師の家に寄宿(きしゅく)し、一族に伝わる目薬を売ったところ、大変繁盛したそうです。そして財を築いた重隆は有力豪族へと成長し、当時姫路を治めていた小寺政職(まさもと)に召し抱えられることに。ここ広峯神社・御師屋敷は、黒田家にとって起源ともいえる特別な場所です。

引用元:山陽電車とめぐる軍師黒田官兵衛 | 広峯神社・御師屋敷

廣峯神社のさらに奥を目指して移動します。

DSC_7692 DSC_7693 DSC_7694

↑薬師堂
薬師如来が祀られています。薬師如来は病気平癒にご利益があるとされています。

DSC_7695

そのお隣には噂の「目薬の木」
これから目薬が作られたのでしょうか。

個人的には先人はよく眼に効果があるかわからない液体を入れたものだなぁと感心します。
もはや我々はこれは薬だからと安心して眼に目薬をさせますけどね。

この目薬の高評価がなければ黒田家がなかったわけで、そうなると秀吉も天下を取れなかったかもしれませんね。
すごい話です。

DSC_7696 DSC_7698

う~ん。黒田家跡見に行きたいけど…。
実はこの日は1日かけて官兵衛めぐりをしようかと画策しておりました。
時間配分を考えると行って帰ってきて…は難しいためここで断念。
廣峯神社は想像以上に広いのです。
黒田家跡はまたの機会としました。

廣峯神社へ戻り、「陰陽九星詣り」

DSC_7663

拝殿の裏側へまわります。

DSC_7667 DSC_7670 DSC_7671

おお!壁に穴がある!!

っとその前に末社たちが並んでいたので先に末社を参拝。

DSC_7672

↑稲荷社と天神社

DSC_7675

↑庚申社と山王権現社

DSC_7679

↑大鬼社

DSC_7680

↑冠者殿社

そして、いざ九星詣り!

DSC_7681

まずは自分の星を早見表で確認。

DSC_7682

そしてそれぞれの穴のところに札を入れるとのこと。

DSC_7699 DSC_7700

俺は八白土星なのでこちらで祈願しました。

DSC_7666

廣峯神社はいかがでしたか?時間こそあれば黒田家跡まで行きたかったのですが、次回こそ訪れたいと思います。
長く深い歴史の他、拝殿の美しさ、数多くの末社。見所たくさんの廣峯神社。
是非、ご参拝してその凄さを体感していただければと思います。

廣峯神社

所在地:兵庫県姫路市広嶺山52
電話:079-288-4777
駐車場:あり
HP:http://www.hiromine-j.jp/

合わせてチェック!
 
 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【円滑なコミュニケーションにはYOUではなく愛を持ったIメッセージ】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


 

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。