南北朝時代の英雄、後醍醐天皇が眠る勅願所・如意輪寺

続いて向かったのがこちら!

如意輪寺

でございます。

奈良県吉野シリーズもいよいよ最後です。
こちらも吉野の代名詞、後醍醐天皇や楠正成とゆかりのあるスポットになっております。

如意輪寺とは!?

平安時代の延喜年間(901年 – 922年)に日蔵上人により開かれたと伝わる。南北朝時代、後醍醐天皇が吉野に行宮を定めた際に勅願所とされたが、天皇は還京叶わぬまま崩御して本堂裏山に葬られた。以来寺運は衰えたが、慶安3年(1650年)文誉鉄牛上人によって本堂が再興され、その際に真言宗から浄土宗に改宗した。

引用元:Wikipedia「如意輪時」

 

とのことです。歴史も深いですが桜も美しく咲く名所となっています。

いざ、如意輪寺へ

DSC_2395.jpg_effected DSC_2398.jpg_effected DSC_2401.jpg_effected DSC_2405.jpg_effected

御本尊様は  如意輪観世音菩薩

延喜年間(西暦901~923)日蔵道賢上人の建立で、南北朝時代後醍醐天皇の勅願寺と定められ、正平2年(1346)には、楠木正行(正成の長男)が、四條畷の戦(足利尊氏軍との戦)に際し、最後の戦いとの覚悟の上、本堂(如意輪堂)に詣で、正面の扉に鏃(矢の先)で 辞世「かえらじと かねておもへば梓弓 なき数に入る名をぞとどむる」と刻んで出陣をした歴史があります。裏山には後醍醐天皇の御陵(塔尾陵)があり、南北朝以後 衰退の当山を慶安3年鉄牛上人の再興により浄土宗に改め現在に至っています。

引用元:浄土宗 塔尾山 椿花院 如意輪寺 南朝勅願所如意輪寺公式サイト

DSC_2408.jpg_effected

そして裏山へ足を運びます。

DSC_2413.jpg_effected DSC_2417.jpg_effected

世泰親王は長慶天皇の長子で、後醍醐天皇のひ孫にあたります。

DSC_2419.jpg_effected

そしてこちらが後醍醐天皇陵になります。

大塔宮護良親王の死後、後醍醐天皇は建武の中興を果たします。しかしそれも束の間の夢と破れた後醍醐天皇は、延元元年(1336)京都花山院をのがれて吉野山に身を寄せ、その後も吉野山にいて吉野行宮(よしのあんぐう:奈良県吉野郡吉野町・南朝)を起こしますが、延元4年(1339年)8月16日、皇位を後村上天皇に譲った後、52歳でこの世を去ります。後醍醐天皇が病の床に伏されたとき次のような歌を詠まれています。
「身はたとへ南山の苔に埋むるとも魂魄は常に北闕の天を望まん」
と詠み都を憧れつつ、吉野金輪王寺でついに崩御されたそうです。 後醍醐天皇の遺骸は後醍醐天皇が勅願所とされていた如意輪寺の裏山、塔の尾へ埋葬され、後醍醐天皇のごいしどおり、京都に対する願いを表すために、天皇家の墓陵としては唯一北向きとなっており、「北面の御陵」として有名です。この如意輪寺の裏山には、後醍醐天皇の孫に当たる長慶天皇、その皇子の「世泰親王」が一緒に葬られています。後醍醐陵の手前右手にあります。この御陵は、明治新政府以降、宮内庁が管理されています。

引用元:浄土宗 塔尾山 椿花院 如意輪寺 南朝勅願所如意輪寺公式サイト

DSC_2422.jpg_effected

でわ、ここでmasayanが簡単に後醍醐天皇について説明させていただきます。

後醍醐天皇が鎌倉幕府に捉えられ、隠岐島(島根県)天皇なのに流されてしまいます。 その後、後醍醐天皇は隠岐島から抜け出し、名和長年、楠木正成などとともに倒幕を起こします。鎌倉幕府軍の足利尊氏や新田義貞が鎌倉幕府を裏切り、逆に鎌倉幕府を攻撃。
鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇が建武の新政を始めます。

しかし、これが天皇中心の政治であり貴族や寺院の利益を考えた政治でした。そのため武士の不満が高まることになり、足利尊氏が後醍醐天皇にそむき、反乱を起こすこととなります。

新田義貞、楠木正成、 北畠顕家の活躍で、足利尊氏を破るものの、九州で戦力をととのえた足利尊氏に再び京都に攻めこまれ、今度は後醍醐天皇軍が敗れてしまいます。後醍醐天皇が足利尊氏に降伏。足利尊氏が京都で光明天皇を天皇にします。これが北朝。 捕らえられていた後醍醐天皇は、吉野(奈良県)に逃れます。これが南朝となります。

足利尊氏が光明天皇に征夷大将軍に任命される。足利尊氏が京都に室町幕府を開くこととなるのです。そして返り咲きを願いながらも後醍醐天皇は吉野で崩御されてしまうのでした。

これが大まかな流れになります。間違い等があればご指摘ください。

ざっと見ても、波乱万丈な人生です。アメリカドラマのプリズンブレイクのマイケル・スコフィールド並みですね。
歴史の教科書でも必ず載っているいる歴史上の人物です。
ここでどれだけの想いを胸に亡くなられてしまったのでしょうか。俺ごときでは図り知ることはできません。

 

如意輪寺

所在地:奈良県吉野郡吉野町吉野山1024
電話:0746-32-3008
駐車場:あり
HP:http://www.nyoirinji.com/

 

合わせてチェック!
 
 
 
 by 

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。
休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。