眼が渇く?じゃぁ加湿しちゃいなよ!J!NS MOISTUREというPCメガネ

46a77db54c58f0c7945fc60951dfa00a_s-compressor

前回に続き「ドライアイ対策」について。
前回は「目薬」についてまとめました。

瞳に優しい目薬はソフトサンティア!〜防腐剤フリーの魅力〜

2016.01.14

今回は昨今、巷で流行っているPCメガネについてです。

最近「PC用メガネ」とか「ブルーライトカットレンズ」などと言う言葉を耳にする、目にする機会が多くなっていませんか?

これを機会に調べてみました。

PC用メガネとは!?

PC用メガネは各ブランドによって効能は違いますが、その中でもPC用メガネが持つ代表的な効果は以下の3つと考えられています。

・LEDディスプレイから出ているブルーライトをカットしてくれる
・眼精疲労の軽減
・将来的な目の病気予防

PC用メガネの大きな役割はブルーライトをカットしてくれるというところです。

「網膜に最も有害な青色光」を選択的にカットする色をつけるのがいいだろう、という結論になります。具体的には、黄色のレンズにすることです。レンズの色も、透明に近い自然な色にすることができますので、あまり違和感なく使えるようになります。

また、青色光を選択的にカットする眼鏡なら、カットする光の種類が少ない分、他の光が通るので、瞳孔が無駄に開くことがありません。透明に近いわりに、高い網膜保護効果が得られるというわけです。

引用元:PC用メガネをかける効果・かけないリスク [目の病気] All About

要はPC画面やスマホ画面から出る「ブルーライト」をカットし眼を保護してくれるというもののようです。

ブルーライトとは!?

一般に私たちが「光」と呼んでいるものは、電磁波のうち、ヒトの目で見ることのできる可視光線のことです。可視光線の波長は、およそ400~800nm(ナノメートル)で、ブルーライトは380~500nm。400nmより短くなると紫外線、700nmより波長が長くなると赤外線と呼ばれます。
私たちの目の角膜や水晶体は、およそ350nm~800nmの波長を透過させますが、それより外側の電磁波(光)は透過できません。つまり、網膜に到達する光の中で、紫外線にもっとも近い強いエネルギーを持つ光が、ブルーライトというわけです。
デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは、眼や身体に大きな負担をかけると言われており、厚生労働省のガイドラインでも「1時間のVDT(デジタルディスプレイ機器)作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。
約20年前と比較し、省エネ化でLEDが普及したことにより日常生活におけるブルーライトの暴露量が増えています。ブルーライトの放出量は各デバイスによっても異なり、パソコンのみならず、現代人の必須アイテムとなりつつあるスマートフォンから発せられるブルーライトにも注意が必要です。

引用元:ブルーライトとは | ブルーライト研究会

ブルーライトは目は波長が短いため散乱しやすい性質を持っています。これが眩しさやチラつきなどの原因になり、その分、脳はピント合わせに苦労します。また、ブルーライトは他の光よりもエネルギーが強いため、瞳孔を縮めようとして目の筋肉も酷使され、眼の疲れや肩・首の凝りなどに影響します。

引用元:ブルーライトとは – 眼の疲れ(痛み) | ブルーライト研究会

長時間、しかも至近距離でブルーライトをガン見すること自体がよろしくないようです。
かといって今やPCもスマホも生活必需品。これらを使用する時間を減らすことも難しい…。
そこで、「眼を保護しながらPCもスマホも使いましょう」とおいしいとこ取りを狙えるのが「PC用メガネ」となるわけです。

ちなみに「PC用メガネについて」は俺が尊敬するジンさんのブログ・「おさいふプラス」でもわかりやすく紹介されています。

参考視力検査をしたら視力が・・・。PCメガネで「JINS」も「Zoff」も3年間使い続けてきたその結果

↑ご参照ください。

JINSのPC用メガネを購入しました。

現在各メーカーからPC用メガネが出ていますが、あえて「JINS」にしました。

なぜかというと、このメガネに一目惚れしてしまったからです。

DSC_0371

J!NS MOISTURE」というメガネです。

J!NS MOISTUREとは!?

参考JINS Moisture® – 機能性アイウエア | JINS – 眼鏡(メガネ・めがね)

↑ご参照ください。

見れば一発なのですが、メガネレンズの横から加湿してしまうというメガネです!

J!NS MOISTURE開封の儀!

DSC_0374

お店で購入し、自宅へ郵送していただきました。

DSC_0375

色は数種類ある中でブルーにしました。

DSC_0377

↑これ。このレンズ横の白い「タンク」がミソなのです。

DSC_0378

こんな感じで外に飛び出ます。

DSC_0380

中に水を入れるのですが、タンク内側に穴がありここから水が蒸発し眼が加湿されます。

DSC_0381

ちなみに水はタンク上側から。

DSC_0384

スポイトも付属しています。

DSC_0385 DSC_0388

通常のメガネよりも加湿度が15.1%高いそうです。

まとめ

DSC_0390

なぜこの「J!NS MOISTURE」に一目惚れしたのか。

それは…

眼が渇く?じゃぁ加湿しちゃいなよ!
そう言わんばかりのシンプルなスタイル。めっちゃ好きですこういうの。

ちなみにレンズもオプションでブルーライトカットレンズにできるというのです。
俺は38%カットのレンズを入れました。

即ち、ブルーライトをカットし、眼を加湿する。そして前回まとめた目薬をさす。
この最強コンボで自分の大事な眼を守りたいと思っています。

瞳に優しい目薬はソフトサンティア!〜防腐剤フリーの魅力〜

2016.01.14

よろしければ前回の記事もご参照ください。

 

PCメガネに興味が湧いた方は是非、検討してみてはいかがでしょうか?

 

合わせてチェック!
 
 
 
 by 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【伊勢神宮の歴史はここから!大神神社摂社にして元伊勢・檜原神社】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayan厳選の【オススメの〇〇記事三選シリーズ】をご用意してます。お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。
休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。