Masayan の Emotion Inmotion
 
 本日のおすすめ記事
 

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)銅像~三峯神社と狼の繋がり~

 
 
 

まだまだ続きます。埼玉県は三峯神社です。

実はこちらには神話における古代の英雄「ヤマトタケル像」があります。

あなたはヤマトタケルをご存知ですか?

有名なところだと、三種の神器の一つ。草薙の剣をふるった人物です。

古事記や日本書紀で描かれる古代の悲運の英雄・ヤマトタケルです。

ヤマトタケルファンのmasayan(@masayan382)としてはどうしても拝みたくて行ってきました。

遥拝殿

と、その前に寄り道。

石段を登りきったところにあります。天気のいい日は奥宮も見えるとか。

美しい風景が目に飛び込んできます。ずいぶん高いところに来たんだなぁ~と実感できます。

そして、改めてヤマトタケル像を目指します。

ヤマトタケル像へ

矢印に沿って進みます。

ほどなくすると見えてきました。

日本武(ヤマトタケル)伝説

三峯神社でもお話したとおりです。

創建は、第12代・景行天皇の皇子である日本武尊(やまとたけるのみこと)と伝えられています。

今から約1900年前、東征の際に甲斐・酒折宮から雁坂峠を越えて碓氷峠に向かう途中、東国の平安を祈りこの地に伊弉諾尊・伊弉册尊の二神をお祀りされたのが始まりです。
 

 
↑合わせて御覧ください。

↑本体5.2mの高さの銅像です。でかい!

左手に持っている剣は三種の神器「草薙の剣」なのでしょう。

一説には日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は道の迷ったところを狼に導かれたそうです。

その話が、「狼は守り神」と解釈されるようになり「害獣除け」、「火防」、「盗賊除け」、「災難除け」のご利益があるとして信仰を集めています。

おわりに

なぜ、三峯神社は狛犬ではなく狼なのか。

神社入り口の鳥居の時点から珍しいなぁ~と思っていたことがここで繋がりました。

三峯神社の始まりはヤマトタケルが伊弉諾尊・伊弉册尊の二神をお祀りしたから。

そして、そのヤマトタケルを導いたのが狼だったから。

三峯神社のいたるところに狼がいるのは必然なのかもしれません。三峯神社を参拝される際は是非、ヤマトタケルと狼に注目してください。

ちなみに動物が助けたシリーズはいくつかあります。是非合わせて御覧ください。
 
 

 

三峯神社

所在地:埼玉県秩父市三峰298-1
電話:0494-55-0241
駐車場:あり
HP:http://www.mitsuminejinja.or.jp/index.htm

 

合わせてチェック!
   
\このブログとmasayanをフォローする!/

記事が役に立ったら
いいね!お願いします

 
\masayanのオススメはこちらです/
     
 

プロフィール

masayan
ー歴史大好き看護師ー

好きなものは日本史。特に「古代史、平安、戦国、幕末」が大好物。休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。

※詳しいプロフィールはこちらです!※
\ follow me /

サイト内検索

 
 人気記事ランキング