これで冬を乗り切れ!サーキュレーター内臓ファンヒーター・ボルネード

寒い冬、みなさまどのように暖をとっていますか?

今回は現在我が家で大活躍したコイツを紹介しようと思います。

サーキュレーター内臓式ファンヒーター。その名は…

VORNADO(ボルネード)】です。

 

サーキュレーターとは!?

 室内の暖気は上昇、冷気は下降するため上層と下層で温度差ができる。特にエアコンや暖房機器を用いる場合は締め切った室内で使うケースが一般的でこれにより温度差が激しくなる。サーキュレーターの風向きを天井に向けて風を送り出すことにより、室内の空気が循環し攪拌させることにより温度差を少なくし、エアコンは温度調節をする必要が徐々に無くなるため節電や効率に繋がる[3][4]。
夏場にエアコンを使わず窓を開けて、窓付近にサーキュレーターを設置することで、風通しを良くする方法もある。可能であれば風の通り道の窓にそれぞれ1台ずつ設置して、1台は窓付近に置いて吸気用、もう1台は網戸に接触させて排気用にすると効果的である。
冬場もエアコン・ストーブなどの暖房機器との併用で効果を得られる場合がある[1][3]。サーキュレーターの風向きを下に向けられる場合は安定した高い場所にサーキュレーターを設置し風向きを下に変えることで天井付近に貯まってる暖気を下ろすことも可能である。
その他、洗濯物を乾かしたり部屋の空気を入れ替える換気などにも利用できる。

引用元:Wikipedia「サーキュレーター」

 

 

扇風機とは違い、空気を循環させるための装置になります。

_20151130_110347 _20151130_110427

箱から取り出すとこんな感じ。

DSC_0359

イメージを動画で解説!

↑こちらの動画がわかりやすくまとめてくれています。

どれだけエアコンやストーブで部屋を暖めても、暖かい空気は上にたまり、冷たい空気は下にたまる。「顔は暑いのに足元は冷える」という現象はこういうことなんですね。

そのため、本当に暖房のことを考えると部屋の空気を循環させることが重要となります。

そこで部屋の空気を回してくれるのがこのサーキュレーターなのです。

 

DSC_0360 DSC_0361

しかも、このボルネードさん。ヒーター機能付きなのです。
つまり、直接暖かい空気を循環させられるという優れもの。背面の赤いボタンがヒーターのスイッチです。夏はノーマルサーキュレーターとして、冬はヒーター機能をONにしてファンヒーターとして大活躍になります。

DSC_0362

本体で操作も可能ですが、リモコンも付いております。
タイマー機能もあります。
本体もさほど重くなく片手で運べます。リビングから寝室へと運んで使えます。

まとめ

お部屋の暖房効果に満足できていない方はこのサーキュレーターを付け足してみてはどうでしょうか?エアコンと合わせれば鬼に金棒ですが、むしろコイツ単体でも十分部屋が温まりますよ!

現在我が家で大活躍中の「ボルネード」。おすすめです。

 

合わせてチェック!
 
 
 
 by 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【受験生とアスリートに大人気!蹴鞠の守護神が鎮座する白峯神宮】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。