Masayan の Emotion Inmotion
通常版表示
 masayanのpickup記事

check「M・E・I」の厳選記事シリーズ

鑑真が眠る奈良の世界遺産・唐招提寺を知っているか

薬師寺を訪れたあとは歩いてすぐ行けるところにこちらもあります。

唐招提寺です。

唐僧鑑真和上が759年に創建した寺。

唐招提寺は国宝の「金堂」や「講堂」が有名で、他にも「鼓楼」「宝蔵」「経蔵」が国宝建造物に指定されています。
そして、何よりも、こちら、1989年に世界遺産に登録されております。

唐招提寺とは!?

 唐招提寺は、南都六宗の一つである律宗の総本山です。
多くの苦難の末、来日をはたされた鑑真大和上は、東大寺で5年を過ごした後、新田部(にたべ)親王の旧宅地(現在の奈良市五条町)を下賜されて、天平宝字3年(759)に戒律を学ぶ人たちのための修行の道場を開きました。
「唐律招提」と名付けられ鑑真和上の私寺として始まった当初は、講堂や新田部親王の旧宅を改造した経蔵、宝蔵などがあるだけでした。
金堂は8世紀後半、鑑真和上の弟子の一人であった如宝の尽力により、完成したといわれます。
現在では、奈良時代建立の金堂、講堂が天平の息吹を伝える、貴重な伽藍となっています。

引用元:唐招提寺

いざ、唐招提寺へ

この上なくかっこいい「南大門」が出迎えてくれます!

薬師寺の時のように「古都奈良の文化財」が全面に出ております。

境内案内図。見てみるとなかなかに広いです。

南大門から直進で到達するのが「金堂」です。

金堂に祀られている盧舎邦仏坐像、薬師如来立像、千手観音立像は経典には見当た
らない3尊仏の配置ですが千手観音立像は阿弥陀如来の脇侍ですので阿弥陀如来の代
役と考えれば「過去の薬師如来立像」、「現在の盧舎邦仏坐像」、「未来の千手観音立像
(阿弥陀如来像)」となり、過去、現在、未来の「三世仏」となります。

引用元:奈良の名刹寺院の紹介・仏教文化財の解説など「唐招提寺」

残念ながら写真はNGだったため撮影はなしです。

講堂

平城宮の東朝集殿(ひがしちょうしゅうでん)を移築・改造したものだそうです。
こちらには弥勒如来像、持国天立像、増長天立像が祀られてます。

こちらも残念ながら撮影NGにつき写真なしです。

戒壇

金堂の西側にある戒壇とは、僧となるための授戒が行われる大切な場所です。
火災により建物は失われてしまい、現在は3段の石壇のみが残り、その上に昭和53年(1980)にインド・サンチーの古塔を模した宝塔が築かれています。

こちらは出家者が正式の僧となるための受戒の儀式を行う場所になります。

広い境内を歩いていると木や苔ですら美しい。

思わずシャターをきってしまいます。

醍醐井戸

かの有名な鑑真が掘ったとのことです。

これをあの鑑真が…。
こちらの井戸水「最上の味」の水であることから「醍醐井戸」と呼ばれているそうです。

続いて目に飛び込んできたのが葵の御紋。

 

開山堂は元禄時代に徳川家歴代の御霊殿として建立されました。その後明治14年(1881)に鑑真大和上の尊像を安置するため現在の位置へ移築。国宝の和上像が御影堂へ移されたのち、覚盛上人・聖武天皇・徳川家康を安置した本願殿として参拝されていました。、改修工事を行い2013年に、「御身代わり像」がつくられ、再び開山堂として建立されています。

この関係性から瓦には徳川の葵の御紋が刻まれているんですね。

そして唐招提寺の北東へ。

苔が綺麗です。寺社巡りが趣味の俺としては苔も大好きです。木々の緑と地面に広がる緑。
癒されます。まさに苔の絨毯!

そして、その先にあるのがこちら。

開山御廟

境内の北東の奥まった静かな場所に位置するのが、唐招提寺へ来たなら訪れたい鑑真和上の墓所になります。
もちろん今も参拝する人が絶えません。

南大門から一番遠い位置に存在するのですが、多くの方々がここまで参拝にいらしてました。
先ほどの苔一面の美しい場所もここへ通ずる道なのですが、静かに、美しく時が流れる素敵な場所でした。

ぐるっと回って戻ります。

宝蔵

経蔵とともに並んで建つ校倉で、北側の蔵になります。唐招提寺創建にあわせて建立されたといわれており、経蔵より一回り大きいその堂々たる姿は、校倉の典型といえるそうです。


愚かな俺は「高床式倉庫みたいなだな」なんて思ってしまったのですが違います。
鑑真和上が持参された仏舎利が祀られていたという重要な建物です。

寺に関しては本当に素人になってしまうのですが、神社とは違うアプローチがあります。
これはこれで面白いですね。

鑑真とは

唐の揚州に生まれ、14歳で出家し、洛陽・長安で修行を積み、713年に故郷の大雲寺に戻り、江南第一の大師と称されました。
天宝元年(742)、第9次遣唐使船で唐を訪れていた留学僧・栄叡(ようえい)、普照(ふしょう)から、朝廷の「伝戒の師」としての招請を受け、渡日を決意。その後の12年間に5回の渡航を試みて失敗、次第に視力を失うこととなりましたが、天平勝宝5年(753)、6回目にして遂に日本到着。

それ以降、76歳までの10年間のうち5年を東大寺で、残りの5年を唐招提寺で過ごされました

中学の時の歴史の教科書で読んだ記憶があります。唐の方が失明してまでも日本に渡ってこられた方です。一説には腐敗し始めていた奈良時代の仏教を立て直し、救った偉人という話もあります。

その功績が今も敬わられる理由なんだと思います。
 

唐招提寺

所在地:奈良市五条町13-46
電話:0742-33-7900
駐車場:あり
HP:http://www.toshodaiji.jp

 

合わせてチェック!
 
\このブログとmasayanをフォローする!

記事が役に立ったら
いいね!お願いします

 
 本日のおすすめ記事
       
 人気記事ランキング