Masayan の Emotion Inmotion
通常版表示
 masayanのpickup記事

check「M・E・I」の厳選記事シリーズ

堂本剛さんも参拝!縁がなければ行けないとされる奈良県の天河神社へ

ついにこの日が来たか…そう思う時がきました。
実は私、masayanは埼玉県出身なのです。現在は奈良県に移住しておりまして奈良県で看護師をしています。
なぜ奈良なのか。それはとある人物に影響された事があります。
そして、そのとある人物が好きだと言ってた神社に今回は参拝した日のことを残したいと思います。

天河神社(天河大弁財天社)

ここを参拝するのが夢でもありました。

天河神社(天河大弁財天社)とは!?

 宗像三女神の一人、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を主祭神とする。芸能の神として知られ、現在も芸能関係の参拝が多い。元の祭神名は弁財天(サラスヴァティー)で、神仏分離により「市杵島姫命」と称するようになったものである。今日でも社名に「弁財天」とついている通り、「弁財天」としても信仰されている。「厳島、竹生島と並ぶ日本三大弁財天のひとつ」と称している。
天河神社社家が代官所に1712年出した「願書」に「生身天女の御鎮座天照姫とも奉崇して、今伊勢国五十鈴之川上に鎮り座す天照大神別体不二之御神と申し伝え」るとあることからも判明するように、創建に関わった天武天皇と役行者は、伊勢神宮内宮に祀られる女神(荒祭宮祭神 瀬織津姫)を天の安河の日輪弁財天として祀った。天河における天武天皇の眼前の上空での吉祥天の舞が五節の舞として現在にいたるまで、宮中の慶事の度に催されている。 他に、熊野坐大神、吉野坐大神、南朝四代天皇の御霊(後醍醐天皇、後村上天皇、長慶天皇、後亀山天皇)、神代天之御中主神より百柱の神が配祀されている。

引用元: Wikipedia「天河大弁財天社」

以前、当ブログにおきまして厳島の日本三大弁財天については触れております。

↑お時間があれば是非ごご覧ください。

いざ、天河神社へ

すごい山の中にあるこの神社。今回車でシャーっと行ってしまいましたが、なかなか遠かったです。

それもそのはず。高野・吉野・熊野といったヤマト三大霊場を結んだ三角形の中心である大峯山系に位置し、パワースポットとしても有名なのです。

そんな事とはつゆ知らず。

噂によると、天河神社は、【縁がなければ、たどり着けない場所】と言われることでも有名なのです。

人生において、来るべき時期が来ないとたどりつけない」「行こうと思ったときは天河神社に呼ばれている」などの言い伝えがあり、「縁のない人は行きたくても天河には行くことができない」とまで言われています。

つまり、「奈良の山奥にある天河神社から埼玉県民の俺が呼ばれた!」そういう事のようです。

駐車場へ車をとめて、正面へまわてきました。

おぉ、これが念願の天河神社。感動です。

ネットで調べると、感じる人はパワーを感じるらしいです。
鳥居の写真を撮っている時には感じることがなかった(基本鈍感です)のですが…。
次の瞬間にその天河神社のパワー感じざるを得なかったのです…。

わかりますか?

この手水舎の龍の吐き出す水圧と水流!!
柄杓で綺麗な水を…と直接拾いに行けばあっというまに水が飛び跳ねます(笑)

さっすがパワースポット!パワーが違います。

こちら、斉灯殿。

さ、石灯篭と参道が見えましたね。

狛犬さま。ここの狛犬様は少しスタイリッシュな気がします。

↑五社殿:天地主大神・天神大神・大日孁貴神・大将軍大神・龍神大神。

↑天石

続けて階段を登ります。

ようやく拝殿へ到着しました。

若干暗かったですね。写真が手振れ気味なのは許してください。

キョロキョロ見ると目に止まるのがやはりコレ。

鈴緒の先には天河神社の象徴となる大きな鈴。五十鈴(いすず)が結ばれています。

五十鈴とは!?

この特殊な形の鈴、「五十鈴」は、天河神社に古くから伝わる独自の神器だそうです。

伊勢神宮の御祭神としても有名な天照大神が岩戸に隠れた神話「天岩戸神話」があります。

岩戸に引きこもった天照大神を岩戸から連れ出すために、芸能の神・天宇受売命(あめのうずめのみこと)が、神代鈴をつけた矛を持ち、舞いを舞ったところ、外が気になった天照大神が岩戸から出てきたという話があります。

天宇受売命が用いた鈴は、天河神社の五十鈴と同じ形状のものであると伝えられています。

引きの絵で見るとこんなに大きいです。

参拝客が絶えません。みなさん天河神社に呼ばれた方々ですねきっと。

そして舞殿。
これはひょっとして!って確証はないですが疑わずにはいられない!

ちなみに、冒頭で少し触れた俺が影響を受けた人物。それは、KinKi Kidsの堂本剛さんです。

小学生の頃に見た「金田一少年の事件簿」というドラマからわりかし好きです。ソロの曲も聞きます。
彼は奈良出身で、番組でもよく「奈良」という言葉を発してますし、2008年からは観光特別大使も務めておられます。

もともとファンなのもありますが、この参拝日の数か月前にNHKの特集で堂本剛さんのソロワークについて取り上げられていました。その中でこの天河神社が好きと発言され、実際に参拝されているロケも放送されていました。
すごい記憶に残っていたのもあり、俺もいつか参拝してみたいなと思ったのがきっかけです。
よもや実際に参拝できるなんて夢のようです。

そして、堂本剛さんは『縁を結いて』という曲を発表されPVもこちらで撮影されたそうです。
PVを見たことあるのですが、ひょっとしてあの舞殿は…。と思ってしまいました。


別に堂本剛さんのおっかけをしているわけでもないのですが、『縁を結いて』という素敵な楽曲の完成にはこの神社の力もあるのかなぁなんて思ってしまいますね。すごく歌詞に重みとメッセージ性のある素敵な曲です。
PVには彼の故郷奈良への愛が反映されているような気がします。

実際に来て見ると、山の中にあることもあり空気も綺麗、水も綺麗、鈴の音も綺麗。草木も静かに香る…。

そしてきっと見えぬ力もあるのでしょう。五感に何か伝わってくるような気さえしてきます。

それがパワースポットと呼ばれる由縁なのかもしれません。

聞けば1回でこれず、数回参拝を試みてようやく来れる方もいらっしゃるそうです。
俺はたまたま天候にも恵まれ、道に迷うこともなくスムーズに来れたのですが、それすら奇跡だったのかもしれません。

この記事を読んで、行ってみたいなと思ったあなたは既に天河神社に呼ばれているのかもしれません。
是非一度、参拝されてみてはいかがでしょうか?この上なく素敵な神社です。

 

天河神社(天河大弁財天社)

所在地:奈良県吉野郡天川村坪内107
電話番号:0747-63-0558
駐車場:普通車50台(無料)
HP:http://www.tenkawa-jinja.or.jp/

 

合わせてチェック!
 
\このブログとmasayanをフォローする!

記事が役に立ったら
いいね!お願いします

 
 本日のおすすめ記事
       
 人気記事ランキング