かつて天才軍師・黒田官兵衛が仕えた小寺政職の城!御着城跡

小寺大明神より移動して到着。

DSC_7836

こちらが御着城・二の丸跡になります。

御着城とは!?

かつての御着城本丸跡地に健在!その名は小寺大明神

2016.08.02

↑よろしければこちらもご参照ください。

いざ、御着城・二の丸跡へ

DSC_7858 DSC_7860

↑黒田官兵衛孝高顕彰碑。

DSC_7861

黒田家と言えば「目薬の木」ですね。

黒田官兵衛ゆかりの地!奈良時代より牛頭天王を祀る廣峯神社

2016.07.30

↑よろしければこちらも御覧ください。

一番の見所はやはりコレ。黒田家廟所。

DSC_7863

矢印に従い進むと見えてくるのがこちら。黒田家廟所です。

DSC_7883 DSC_7865

ここの墓所には、黒田孝高(よしたか)(官兵衛のちの如水)の祖父・重隆(しげたか)と生母(明石氏)の2人がまつってあります。 黒田家は御着城主小寺家の家老となり、重隆の時から姫路城を守って姫路城主となりました。姫路城主は子の職隆(もとたか)、孫の孝高とつぎましたが、1580(天正8)年秀吉の播磨平定の時、孝高は姫路城を秀吉に譲り、父職隆と自分は国府山城(妻鹿)に移りました。職隆の墓所は妻鹿にあります。のちに黒田家は筑前福岡の城主となったので、どちらの墓所も地元では「チクゼンサン」と呼んでいます。 ここの墓所は、1802(享和2)年に資材を九州から運んできて造られました。廟屋を持つ立派なもので、周りの龍山石の石塀から内部は、昭和56年に姫路市の指定史跡となっています。

現地案内板より

こちらに祀られているのが黒田官兵衛のおじいさんとお母さんなのです。

軍師・黒田官兵衛の父にして「筑前さん」こと黒田職隆の廟所

2016.07.26

↑ちなみに官兵衛のお父さんはこちらです。

なんなら奥様と一緒に祀ってあげてもよさそうですけどね。

DSC_7870 DSC_7872 DSC_7877

とても綺麗に祀られています。

DSC_7878

門の上には黒田家の家紋。

では御着城跡のもう一つの目玉を見に行くとしましょう。

続いて北側へ移動。
そこにあるのがこちら。

DSC_7884

天河橋です。

天川橋とは!?

姫路藩が文政一一年(一八二八)にこの地より南西二○○メートルの旧西国街道の天川に架橋した総竜山石製の太鼓橋。全長二六・六メートル、幅四・四五メートルで、高さは約五メートルで橋脚五本。印南郡石工瀬助・仲右衛門の作。姫路藩儒者近藤顧一郎撰の銘文が刻まれてある。橋の東北詰めには高札場があった。昭和四七年九月九日の出水で中央部橋脚が崩れ橋桁が落下したため撤去し、昭和五三年一○月現在地に移設保存した。高さは地形に合わせて低くしてある。地形中央部の低いところは御着城の濠跡。

現地案内板より

DSC_7885 DSC_7887 DSC_7889 DSC_7890 DSC_7891

上から見てみると大変に立派な石橋。
こういうの作るのも本当に一苦労だったと思います。

DSC_7892 DSC_7894 DSC_7895 DSC_7897 DSC_7900

ここらへんから見ると、確かに堀跡っぽい。
かつて外堀だった天川に架かっていた天川橋。
かつての御着城はどのようなものだったのかなぁと思いをはせることしかできないのが残念です。

御着城跡。現在の姿は…

何事もなかったかのように公園となっています。

DSC_7902 DSC_7905

そして、公民館がお城風?な形で存在しています。
普通の公民館よりかっこいい!
いいなぁ~こういうの。

DSC_7907 DSC_7842

いかがでしたか?御着城跡。
小寺大明神と合わせてチェックしたいものですね。
黒田官兵衛ゆかりの地。御着。
官兵衛ファンなら一度は訪れたいところです。

御着城跡

所在地:姫路市御国野町御着1142-8
駐車場:あり

合わせてチェック!
 
 
 
 by 

\この記事が面白かったらシェア/

 次回予告

  1. 【受験生とアスリートに大人気!蹴鞠の守護神が鎮座する白峯神宮】

  2. …のような記事を予定しております。現在、順調に執筆中!お見逃しなく!!

   
 

Masayan
当ブログを運営しておりますMasayanは、旅行サイト「たびねす」へも記事を寄稿しております。 お時間がある方・興味がある方は是非、こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


AUTHORこのブログをかいてる人

普段は看護師をしております。好きなものは日本史。特に古代史・平安・戦国・幕末が大好物です。都市伝説・フリーメイソンの話も大好きです。 休日は寺社、城、史跡巡りを主にしております。